鳥の声に包まれて

朝4時、月明かりの河原で夜明けを待つ。
朝が訪れる頃、夜明けのカヌースタート。
鳥の鳴く声に包まれながら、
朝もやの中、四万十川をカヌーで下る。
やがて、山の向こうから朝日が昇ってくる。
余計な会話は必要ない。
いつの間にか、かたつむりが同乗。
自然の一部になったような感覚に静かに心が躍る。

b0020843_20225088.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2008-05-29 20:18 | 四万十川
<< 黒尊川 初 >>