新しい土地を訪れることは、新しい体験をするということで、ワクワクする。
それが短い旅であっても、長い旅であっても、隣町でも、世界一周でも、
または、旅じゃなくて、仕事であっても、勉強であっても。
そして、何かを気づくきっかけになったり、何かが変わったりすることがある。

どこか違う土地へ行くことは、すごくわかりやすくてすべてが新鮮。
風景や、空気や、人や、風が違う。そして、自分自身も違う・・・・
違うんじゃなくて、素直になるのかもしれない。

だけど、違う土地へ行かなくても、明日はやっぱり新しい日で、今日のくり返しではない。
日常の生活の中でも新しい発見があるはずなんだ。
明日、旅に出ることも、新しい人と出会うことも、一日ゆっくり過ごすことも、
みんな旅の途上の1シーン。
夢を見たり、はしゃいだり、悩んだり、いろんなことを考えながら・・・

2005年9月10日の夜、こんなことを考えていた。

「きっと、人はいつも、それぞれの光を捜し求める長い旅の途上なのだ。」 星野道夫
[PR]
by naoki_7979 | 2005-09-10 23:39 |
<< ロッククライミング いつもと違うオフィス >>