<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

太陽の門

b0020843_17152245.jpg
開門から、約1時間。
インカトレイルを歩いた僕たちにとって、
マチュピチュの入り口になる「インティプンク(太陽の門)」に到着。
ここで、はじめて、マチュピチュを見ることができる。
着いた時、マチュピチュは雲に覆われていたが、
雲が流れ、次第にその全貌が明らかになっていった。
自然に歓声があがり、笑みがこぼれる。

b0020843_1995894.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2009-05-23 17:17 | ペルー

3代目空の色

b0020843_21461889.jpg
3代目、隊員メイちゃんが卒業旅行で行ったオーストラリアの空。
9月、この黄金色の空に会いに行きます。

b0020843_21504668.jpg
2代目、アメリカ・グランドキャニオンの空

b0020843_21512330.jpg
初代、アラスカの空
[PR]
by naoki_7979 | 2009-05-22 21:53 | 地球探検隊

世界一周

2009年4月、二組の友人が世界一周の旅に出た。
以前は、何をもって世界一周なのか?なんて思っていたけれど、
何大陸行ったとか、何カ国行ったとか、何ヶ月、何年行ったとか、
そんなことは、あまり関係ないんだと思うようになった。
本人が、何を見て、何を聞いて、何を感じるか、どんな時間を過ごすのか・・・
それが大切なんだと思う。

一組は、自らを小心者と言っている一人旅
何年も前から、旅に出るといっていたが、ようやく決心がついたらしい。
一人で寂しいのか、時々メールが届く。
もう一組は、結婚して、新婚旅行の二人旅
おそらく、二人の時間を楽しんでいるに違いない。

そういえば、最新情報では二組ともに中国にいるらしい。
どこかですれ違うと面白いのだが・・・

どちらにしても、旅立ったことに拍手。
時々更新される旅の報告を楽しみにしたい。
そして、
いつになるのか、帰国したときのそれぞれと会いたい。


***
「大切なのことは、出発することだった」
星野道夫
[PR]
by naoki_7979 | 2009-05-21 20:52 |

b0020843_20352418.jpg
マチュピチュに向かう朝。
4時に起きて、簡単な朝食をとり、
5時30分に太陽の門に向かう入り口の開門を待っていた。
ちょうど、開門を待っている頃に、夜が明け始めた。
こんなにも清清しい夜明けを迎えるのはいつ以来だろう・・・
夜明けの幻想的な山々を眺めながら、
なぜか、「朝のリレー」という詩が頭の中をぐるぐるとめぐっていたのを覚えている。
[PR]
by naoki_7979 | 2009-05-21 20:39 | ペルー

副作用のおかげで

富士山登山の時に、ひどい高山病で苦しんだので、
その予防のためにダイアモックスを処方してもらっていた。
睡眠をしっかりとったのと、この薬のおかげか、
少し頭が痛くなったくらいで、乗り切ることができた。
処方してくれた医師によると、このダイアモックスには、
手足のしびれと頻尿の副作用があるとのことだった。
手足のしびれは時々感じたくらいだったが、トイレが近くなるのは確実に認識した。
おかげで、夜、眠っていて1~2回はトイレに行きたくなった。
寝袋を出て、防寒具を着こみ、テントを出て、トイレに行くのは億劫だったけれど、
そのおかげで、静寂な闇の中で、星座がわからないくらいの星空を見上げることができた。
インカの山中で見た星空も、今回の旅の大切な思い出のひとつ。
[PR]
by naoki_7979 | 2009-05-19 15:06 | ペルー

ポーター

b0020843_14493153.jpg
トミー中村隊長、さらに今まで参加してきた隊員の方から聞いていたので、
ある程度のイメージはついていたけれど・・・
みんなで3泊4日インカトレイルを歩くことができたのは、ポーターのサポートがあったから。
自分の体ほどの荷物を背負い、(靴はサンダル)
キャンプサイトに着くと・・・、
笑顔と拍手で迎えてくれて、
すでにテントが張っていて、
洗面器に手洗い用のお湯が用意されていて、
ほどなくすれば、美味しい食事ができてくる。
ナプキンもコンドルが折られていたりといった演出も。
朝は、テントまで洗面用のお湯とコカ茶を持ってきてくれる。
言葉こそ交わすことは少なかったけれど、
3泊4日、僕達を支えてくれたポーターのみなさんに、たくさんたくさん感謝です。

b0020843_14501257.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2009-05-19 14:50 | ペルー

優しい目線

ペルーに行っている間に、中村隊長が家族で飛騨を訪れた。
隊長自身もすごく楽しんだとの報告を聞いているが、
隊長の奥様が書いているブログ「木漏れ陽の幸せ時間」が、すごくいいなあと思った。
Rayさんの目線の先にある高山の自然、宿、食事、スプーン作り、娘達・・・
文章から、写真から、優しさが溢れていて、この旅への愛しさが伝わってくる。
緑の濃くなる6月、飛騨・高山へ「森づくり、モノづくり」の旅で再訪する。
優しい時間を送りたいと思う。

b0020843_1930333.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2009-05-18 21:30 | 飛騨

CAMINO INCA

今でも、あの空気感を思い出す。
空の青さと、吹く風のさわやかさ。
見渡せば美しい高い山々に囲まれたインカの道。
3日目かな、インカトレッキングも折り返しを過ぎると、
なんだか、早く歩くのがもったいなくなってきて、ついつい歩みが遅くなる。
いつかはマチュピチュ、いつかはインカトレイル・・・
そう思ってきた場所に、今いるという喜びを感じていた。

b0020843_16383837.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2009-05-16 16:38 | ペルー

高揚感

オリャンタイタンボから車で約1時間。
車窓からワイラバンバ川、ペルー鉄道を見ながら、気持ちがどんどん盛り上がっていく。
そして出発地点に到着。
トシのかけ声で、全員でマチュピチュまで歩くことを誓い、トレッキングスタート!

b0020843_16222839.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2009-05-16 16:22 | ペルー

クスコ-オリャンタイタンボ

b0020843_1839181.jpgコンドルの大きさに驚き、

テキスタイルの村に立ち寄り、

昼食でインカコーラを飲み、

青い空を見上げ、

なんとかという、ゲームを楽しみ、

チチャを飲んで・・・

盛りだくさんの一日。

いよいよ、翌日からトレッキングスタート。
[PR]
by naoki_7979 | 2009-05-14 18:44 | ペルー