<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2つのツリーハウス

b0020843_18124170.jpg
テレビ番組の企画で作られた日米のツリーハウスは、
成田空港の近く、飛行機の飛ぶ音が聞こえる場所にあった。

日本チームのツリーハウスは、芸術。
アメリカチームのツリーハウスは、生活。
そんな印象。
それぞれのお国柄というか、国民性がよく出ていると感じた。
写真で見るのとは全く違う。
その感覚は、実際に自分の目で見て、自分の足で登らなければわからない。

b0020843_18131436.jpg
この場所に行った理由は、
毎年恒例のオフサイトMtgと、11月に開催するショートトリップ下見。
わずか22時間だけど、中身の濃い旅
[PR]
by naoki_7979 | 2008-10-24 18:16 | ツリーハウス

いただきます

b0020843_20184673.jpg
5月からの米作りの旅には、50人もの探検隊の隊員、スタッフが参加していた。
みんなが気持ちをこめて育てたお米を、一番にいただいてきた。

田植えメンバーのバトンが、溝きりメンバーに渡り、稲刈りメンバーに渡り、
今回、脱穀メンバーに渡って、できたお米は、ピカピカに光ってた。

実際に、田んぼで作業をしたのは、米作り全体からみればほんの少しだけど、
それでも、実際に田んぼに入って体験をすることで、少なからず思うことがあるし、
お米という形になって、自分達が食すことができることはすごく嬉しい。

そして、僕たちが、このような体験をすることができるのは、
田んぼを提供してくれて、管理して、親切に見守ってくれた農家の惣五郎さんや、
その橋渡しをして、サポートしてくれた青空の森田さん、うめちゃんがいたから。
10/25の東京収穫祭では、米作りに参加してくれた隊員がたくさん来てくれる。
みんなといっしょに、みんなに感謝して、いただきたいと思う。

b0020843_2019392.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2008-10-17 20:22 | 新潟

ドラえもんの手

b0020843_2026459.jpg
“ぶよ”に刺されて、ドラえもんの手になっちゃった。
ようやく、腫れがひいて一安心。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-10-17 20:16 | 新潟

米作り最終章

b0020843_19322966.jpg
今年5月から新潟県魚沼市で育ててきた米作りはいよいよ最終章。
明日からの旅に参加する。
今まで米作りには行く機会がなかったので、田んぼを見るのも初めて。
米作りの旅に参加した隊員、青空の森田さん、うめちゃん、
そして魚沼の農家さんと、たくさんの方によって育てられた“たんけんたい米”。
予定にはなかった稲刈りも体験できることになり、ますます楽しみが増え、
一番早くいただく贅沢を、10人の仲間と満喫してきたいと思う。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-10-10 19:31 | 新潟

釧路川カヌートリップ Photo Gallery

b0020843_18413216.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2008-10-10 18:59 | 北海道

ペア

釧路川で乗ったカヌーは、二人乗りのカナディアンカヌー。
誰と誰がペアを組むかは、ガイドのがってんに委ねている。
今回の旅では、一番長く一緒に過ごす相手。
蛇行している川を右に左に操らなければならないから、二人の呼吸が、とても大事。
僕のペアになったのは、いっしょに旅をするのが2度目のまゆ。
カヌーの上でも、よくしゃべるよくしゃべる・・・
何度「うるさい」「前向いて」って言っただろう。
でも、そんなことも遠慮せずに言えた。
バカなことを言い合ったり、ちょっとまじめな話をしたり、
のんびり漕いだり、がんばって漕いだり、
静かな時間は少なかったけど、楽しい時間だった。
まゆに感謝だよ。あらためてサンキューです。
他のカヌーの上でも、それぞれのカヌーライフがあったんだろうなって思う。
みんな違う。
それが面白い。

b0020843_18491582.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2008-10-10 18:49 | 北海道

川旅を振り返る

b0020843_18215645.jpg
4日間の川旅は、わっかのスタッフの醸し出す空気感によるものが大きいと思う。
彼らの仕草や言葉から、彼らの思いが、さりげなく、それでいてしっかりと伝わってくる。
僕は、彼らと出会い、8人の隊員とトミィといっしょに釧路川を旅をしたことを嬉しく思う。
隊員と隊員だけでなく、彼らのような人達と隊員が繋がる、人と自然が繋がるということも、
この旅を主催する僕たちの喜びでもある。
そして、わっかのみんなも今回の出会いを喜んでくれたことも嬉しい。
みんなが、今回の地球探検隊の旅を通して、出会ってくれたことをすごく嬉しく思う。
そして、これから、もっとたくさん出会ってほしいと思う。
あの旅を思い出すとあったかい気持ちになる。

***
「ガイドステーションわっかは、人の暮らしと自然が折り重なる大地の中で、
四季を通じてガイドしています。

「わっか」とは、北の大地に暮らす先住民の言葉で「水」を表し
NZの先住民マオリの人々の間で「Waka」といえば、外洋カヌーを表します。
北の大地に暮らす私たちの中では、いくつもの「わっか」という言葉(音)を愛し、
自然と人の暮らしのリズムが少しでも近づくことを願い、

人と自然の「わ」を繋ぐ~わっか~として、
フィールド・北国の暮らし・素敵な思いの文化を紹介していきます。」
[PR]
by naoki_7979 | 2008-10-10 18:36 | 北海道

ランゲル・セントエライアス国立公園

b0020843_2141699.jpg
3日前に同じ道を通った。
確実に黄色が深くなっている。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-10-03 21:41 | アラスカ

最終日の朝

b0020843_21381674.jpg
ランゲル・セントエライアス国立公園の天気は、曇り空が多かった。
最終日の朝は、久しぶりの青空。
昨日まではほとんど見ることができなかった氷河が目の前にある。
氷河み見とれる気持ちがよくわかる。
青い空と、白い氷河と、黄色い葉のコントラスト。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-10-03 21:37 | アラスカ

ラストキャンプの夜

b0020843_21333423.jpg
キャンプ最終日の夜は、みんな、いつもよりも静かだった気がする。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-10-03 21:32 | アラスカ