<   2008年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

わっか

「森と海とを川のように、フィールドと人とをつなぐ「和っか」でありたい」

釧路川カヌーでお世話になったのは、
新潟・魚沼のうめちゃんに紹介してもらった木名瀬さんが代表をしている「わっか」

彼らの生活は、余計なものをそぎ落として、すごくシンプルに暮らしている。
ほんのちょっと垣間見ただけだけど、それは、ストレートに伝わってくる。
ストローベイルを積み上げた、手作りオフィス。
オフィスだけではなく、自分達で井戸を掘り、野菜を育て、鶏を飼い、
その鶏から卵をもらい・・・、なるべく自給自足の生活を目指している。
そんなシンプルな暮らしが、彼らのツアーにもそのまま反映している。

7月にガイドをしてもらったのは、代表の木名瀬さんと、リョータくん、ジンくん。
彼らと川を下り、夜、焚き火を囲んで、ビールを飲みながら話をしていると、
なんだか、その時間がとても心地良くて嬉しくなってくる。
彼らがこの土地を愛し、この生活を楽しんでいるのを感じるからだと思う。
自分がこんな生活をしてみたいという憧れもあるのかもしれない。
いろんな贅肉をそぎ落としたシンプルな生活・・・。

縁あって、彼らと出会えたこと、そしてまた、9月に再開できることがすごく嬉しく思う。
「わっか」は探検隊の仲間にも、知って欲しいと思うし、
北の大地の大きな空を見上げ、釧路川をカヌーで下る時間を過ごして欲しいと思う。

「北海道・釧路川:3泊4日カナディアンカヌー&キャンプの旅」

北海道体験.comというサイトで、木名瀬さんのインタビューが掲載されていた。
彼の言葉は、いっしょに過ごした3日間で身をもって感じた。

「ガイド業は人間力が全てです。技術だけではダメ。
お客様の“感動のお手伝い”が出来ることが大切です。
人それぞれが感動する場面や理由は違いますよね?
“人が感動して、ふるえる瞬間”ってあるんですよ。
ガイドはこの瞬間に気づき、いかに感動をサポートできるかです。」

b0020843_19434362.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2008-07-29 19:28 | 北海道

釧路湿原

b0020843_1215732.jpg
今回は、2泊3日だったため、釧路湿原コースは次回におあずけ。
名のない展望台に登って、湿原を一望。
曇り空だったけれど、それでもかなり遠くまで見渡せた。
9月には、ここもカヌーで下る予定。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-07-25 12:16 | 北海道

川下り2日目

b0020843_2014669.jpg
川下り2日目は、川幅も広く、流れもゆるやか。
寝そべって広い空を眺めたり、ふざけた写真を撮ったり、ちょっと余裕がでてきたかも・・・
途中、急な瀬のチャレンジもあって、起伏に富んだ楽しいコースだった。
北国の空の色は、いい。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-07-25 12:00 | 北海道

水の中に咲く花

b0020843_1151443.jpg
水の中で光合成をするために、きれいな水のところでしか咲かないらしい。
名前は忘れた・・・
[PR]
by naoki_7979 | 2008-07-25 11:55 | 北海道

朝ゴハン

b0020843_11471831.jpg
これだけでパンができるんだー。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-07-25 11:47 | 北海道

親父の仕事場

今になって、そうだったのか、と思うことがある。

子供の頃、そこは近寄っていけない場所だと思っていた。
子供心に無意識にそう感じていただけなんだろう。
住まいと仕事場が隣り合わせだから、
そこは、父の聖域だと思っていたのだと、今になって思う。

仕事をしている姿を見て、育つこともできたはず。
来ちゃだめだといわれたわけでもなく、
自分の中で線を引いていたような気がする。
それがいいとか悪いとかではなく、そうやって育った。
結果として、父と同じ道を歩くことを選ばなかった。

誰もいない親父の仕事場を、一人で歩いた。
もう使われていない機材、ガランをした部屋、古くなった壁、
棚には、父が何十年も書いた書類がきれいに整理されて置かれたままだった。

なぜ、ここを歩いてみようと思ったのか、まったくもってわからない。
でも、親父の仕事場を見てよかったと思う。

ここが親父の歴史なんだと思った。
これが親父が生きてきた証なんだと思った。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-07-24 00:09

たまには

そういえば、
3人で飲むのは初めてだった。

彼らの周りにはいつも誰かが集まってくるから、
飲むとき、集まるときは、大人数になっていた。

だから、
すごく新鮮な夜だった。

それぞれとの思い出話しになり、
いろんなことを思い出していた。

彼らが出会った2008年1月。
そこに至るまでに、
間接的ながらも、
大きく関わっていた。
1月でなく5月だったら・・・

何度も何度も思うことだけど、
二人を前にして、
人と人が出会うこと、
結ばれること、
「縁」の不思議さを実感する。

あったかい二人の笑顔をみていると、
こっちまで、あったかい気持ちになる。

これからも、たまには3人で飲みたいと思う。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-07-19 19:49

いざ!

b0020843_206298.jpg
屈斜路湖で基本的なカヌーの操作を練習して、いざ、釧路川へ。
水が流れている、というだけで、緊張が高まる。
釧路川の上流は、原生林に囲まれている。
川幅もせまく、蛇行していて、倒木もあるので、なかなか難しい。
二人の気持ちがバラバラになると、カヌーは思う方向に進まない。
何度か危ない場面もあったけど、
ガイドのアドバイスを聞きながら、声をかけあいながら、カヌーを漕いでいた。
夜は、河原でキャンプ。焚き火をして、食事をつくり、外ゴハン。
食事の後は、焚き火を囲んで酒を飲みながら、語りモード。
静かな夜が更けていった。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-07-19 19:21 | 北海道

北国の車窓

女満別空港からこの日の宿の最寄り駅摩周駅までは、バスと列車を乗り継いで約4時間。
網走駅でビールとつまみを買い込み、
オホーツク海、牧草地、大きな空を眺めながら、のんびり列車の旅。

b0020843_16263043.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2008-07-18 16:19 | 北海道

川旅

北の大地で暮らす人達と、気のおけない幼馴染みと、釧路川カヌー下り。
もっともっと、この場所で、この人達と、いっしょに過ごしたいって思う川の旅だった。

b0020843_2014449.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2008-07-17 20:22 | 北海道