<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Ogasawara Photo Gallery

b0020843_21141510.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2008-03-31 21:14 | 小笠原

We are "Team Heart Rock"

b0020843_2134873.jpg
「Team Heart Rock! Heart Rock=ハートを揺さぶる!
 ハートを揺さぶる旅だったし仲間だったし!」 by Shie

「父島のハ~トロック、あれ母島に向いてるのがなんかロマンチックじゃない?
 父からの愛が母に向いてる。」 by まゆ?
[PR]
by naoki_7979 | 2008-03-28 21:08 | 小笠原

余韻

b0020843_206351.jpg
クジラが泳ぐ姿を見た。
クジラが跳ねる姿を見た。
クジラのブロウの音を聞いた。

でも、僕たちの心に残っているのは、その事象だけじゃない。
クジラと、クジラが泳ぐ海。
その海に囲まれた小笠原の自然。
小笠原に魅せられた人たちとの出会い。
同じ時間を共有した仲間との出会い。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-03-28 00:02 | 小笠原

要因

低気圧の影響で、25.5時間の予定が27時間になった。
みんな、ほとんど眠っていたなあ。
こんなにつらい思いをして行く価値はあるのか・・・
きっと何度かはそんなことを頭によぎったんじゃないかな。
でも、それを言葉として発する人はいなかった。
コンディションが悪くても、旅を楽しむ心を持った人たちが集まった。
これが最高の旅になった大きな要因だと思う。
みんなの笑顔に囲まれて幸せな6日間だった。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-03-27 00:48 | 小笠原

残したい

b0020843_22453320.jpg
数週間後になくなる参加者会議室に書かれた旅仲間のコメント。
初めての小笠原のことを、みんなの言葉で残しておきたい。

******
竹芝に着いた時は丘揺れいつまでも感じてて、
早く止まって~と思ったのに、
家に帰って何事もなくなってしまうと淋しいもんだね。
あんなに気分悪くなった船なのに、
今はそれすら懐かしい。
(でも、地に足が着いてるのもちょっとうれしい)

私のせいで海がちょっと荒れたけど、
イルカに鯨(おまけにマンタ)見れて、
山にお酒とたっぷり遊んできたね。
みんなありがとう。
年甲斐も無く思いっきりはしゃいで楽しかった。

******
昨日は、
1.何故か「丘揺れ」が継続してて一日中気分サイテー
2.元気が良い時はひたすら小笠原の良さを周りに語りまくった
3.ヒマさえあれば「一昨日の今頃は~」の妄想に暴走してた。
4.皆に会いたいな~と最低5回は思った。そんな1日でした。
コスタリカが最高だったって散々言ったけど小笠原も最高の旅だった!
だからね 誰にも教えたくないんだなー(笑)
私ってきっと探検隊にとっては最悪の隊員なんだろうね(笑)
でも、この企画がこれから何回あったとしても
私たちの旅にかなう小笠原の旅はないなって勝手に思ったんだけど、、、、私だけ(笑)?

******
読みながら、「うんうん、そうそう!」ってうなずいちゃった(笑)
小笠原すっごく良かったよ。って報告しつつも、
ひとり占めしたくなるっていうか・・・微妙な感じだよね~(笑)

私も昨日1日、まぁ今日も引き続きなんだけど、
旅を思い出しては、現実逃避をしているよ♪
だって、PCを打つ自分の手の黒さと、
粉ふき芋状態になってしまった自分の顔を見るたびに、
思い出さずにはいられないんだもん(笑)

******
私も小笠原の話したくさんしてた。
職場ではうるさくできないので程ほどに、
そして友達と夕食のときにいっぱい。
聞かれてないのに、一人でしゃべってたよ。

うん,
私達の旅にかなう小笠原の旅はないね。
Shieが最初に言ってた直感、「素敵な旅になる」大当たりだよ。

******
今日一日、職場で静かに過ごしました。
なんだか寂しくて、周囲から自分が浮いているような気がしていたので・・。
まだ旅から復帰していないようです。
とうとう行ってきた小笠原! 自分一人では絶対行けませんでした。
念願のクジラやイルカに会えたのは、もちろん嬉しかったのですが、
あの長い船旅、日本海のような荒れた海、強風のなかのランチ、ちょっと冷たい海水・・、
そんなことまでもが、どうしてあんなに楽しかったのだろう?
それは、一人じゃなかったから。仲間がいてくれたからです。
不思議ですよね、人数分だけパワーが増幅されるのですね。

みんな、いっしょにいてくれて本当にありがとう!

タケちゃん、一生懸命に小笠原の魅力を伝えようとしてくれたこと、忘れません。
島をどんなに大切に思っているか、そのことがもう私には感動でした。

ぎっさん、小笠原の魅力の伝道師として、どんどん面白い企画を作って下さいね。

ナグさん、今回の企画、大成功だったと思いますよ~。有難う!!

******
ほんと、ほんと。
砂のふりかけランチも、27時間もの船旅も、
初日、どうなるかと思うほどの強風&大荒れも、
ぜ~んぶ楽しかった!!って思えるのは、皆と一緒だったからかな。
たけちゃんとも、今回のメンバーの一員の様に一緒に過ごす事ができて、すっごく楽しかった♪
っていうか、ガイドさんなんだけど、現地合流のメンバーの様な感じでうれしかったなぁ☆

******
ホント、竹ちゃんのお陰で初の小笠原が、最高の旅になりました。
ありがとうございます。そして、みんなと一緒に旅が出来てよかった~
チーム名は何が良いだろう。せっかくだからハートロックをチーム名に使いたいな~

******
私も賛成です!「チーム・ハートロック」! 海から見たハートロックを思い出しますね~。
あやちゃんが拾ってくれて、皆でサインしてタケちゃんにプレゼントした石もハートの形だったし、
また、小笠原に行けるような気がする名前です。(根拠はないけど・・・)

******
竹ちゃんが一生懸命小笠原の魅力、
小笠原への想いを伝えてくれたのが良かったよね。

そしてお見送りのダイブかっこ良かったよ。
さすが男だね!
竹ちゃんファンはおが丸の上でメロメロになってました。

******
ちょっと遅くなりましたが、、本当にほんとにみんなありがとう!
小笠原、こんなどえらい思い出になるとは思わなかった!!
一生に一度、行ってみてもいいかな~というノリだったのに、
今じゃ「もぉーまた絶対行く!!」な勢いです笑

私は旅したみんなと、小笠原の竹ちゃん、ぎっさん、むっちゃん
今ではみんなとつながってると思うと、この帰ってきた2日間にやけっぱなしです。
かなり幸せ、、フッフッフッ、、
仕事がんばるぞーーー!みたいなテンションです。

旅ってすごいね~
「みんなと一緒だったから」です。
みなさん、本当にありがとう!!

次の小笠原もこのメンバーで行きたいなぁー
ってむずかしいかなぁ~^^;
でも、また会えるよね~これからもよろしくです!

******
あやイイこと言った!!!!!!!
「みんなとつながってる」いい!!いい!!
それ私も感じてるよー、いずみがホームシックみたいだったり
ナルミも現実逃避しそうになってるみたいだけどさ
あの時間があったから今日が頑張れるよ私は!旅が良かったのも
事実だけど皆と会えたのが最高にhappyな出来事だった気がするもんね!
だから旅が終わって終わりじゃなくてここからスタートにすればいいと思うよ
なんだかんだって同じ関東なんだから集まればいいんじゃない?
それとコマに賛成!Team Heart Rock! Heart Rock=ハートを揺さぶる!
ハートを揺さぶる旅だったし仲間だったし!

******
本当に、小笠原旅行楽しかった。

旅行好きで、いろいろ遊びに行っているけど、こんなに、お別れがさみしい旅行は久しぶりだったなぁ。
竹ちゃん、ぎっさんのお見送りダイブを見たとき、胸がツーンとなりました。

小笠原は地球探検隊の企画で行くのが一番だね。
一人旅行は絶対ありえないし(特に私は。行きの船の中で参ってしまう)、
たとえ、友達と一緒でも、ガイドブックを頼った旅行だったら、別れ際に胸がツーンってなることもなかったと思う。

地球探検隊で、小笠原に行けて、本当に良かった。

******
[PR]
by naoki_7979 | 2008-03-26 22:47 | 小笠原

衝動買い

昨日の帰り道、ふらっと立ち寄った店で思わず買ってしまった。
明日からの旅でさっそく穿こう。
花粉症のない小笠原、天気に恵まれますように!
さあ、そろそろ荷造りをはじめなきゃ。

b0020843_0161986.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2008-03-19 00:18

再会

今夜は、1ヶ月前に小出国際雪合戦に参加したメンバーが集まる写真交換会。

今朝、いっしょに参加した現地ガイドのうめちゃんから電話があった。

「今から行きます!」

うれしいなー。
一人参加できなくなったのは残念だけど、
大阪からトムも参加するし、みんなとの再会が楽しみ。

さあ、そろそろ、飲みに行こう。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-03-15 18:04 | 新潟

区切り

僕達兄弟が生まれて1年後、
親父は意を決して独立した。

それから、あの場所で、
訪れてくる人たちのために、
家族のために、働いた。

1年に数回しか会わなくなって、
確実に小さくなっていく父親を見ていると、
早く引退してほしい、と願っていたけれど、
「3/31をもって閉院します」
という案内状を見たとき、すごく寂しくなった。
もう決めたはずなのに、
時々、閉めることを認めていないと言うらしい。
誰よりも寂しいのは父親なんだろう。

実家で過ごした数日の間では、
「おつかれさま」の言葉は言えなかった。
父親の仕事に対する姿勢が変わっていなかったから。
4月になったら、言えるのだろうか・・・

仕事が好きだから、別な場所で、別な形で、
現役を続行する予定だけど、
確実に親父の中でのひとつの時代が終わる。

4月になったら、ひとつの区切りをして、言葉にしよう。
「おつかれさま、ありがとう」
[PR]
by naoki_7979 | 2008-03-14 22:11

跳ぶ理由

クジラはなぜ跳ぶのか?

「なんとなく空が見たかったから」
「気持ちがいいから」

学術的な理由はいろいろあるかもしれなけれど、実はこんな理由だったりするといいな。

そんなことに思いをめぐらしているといろいろと空想が広がってきた。
たとえば、人間が、誰が一番早く走れるか、誰が一番遠くへ跳べるか、と競うように、
「誰が一番高く飛べるか競争しようぜ!」なんて言って、競い合ってるのか・・・
または、人間が、空や海や宇宙に興味を持ったように、
クジラも自分達が住む海の中以外の世界に興味を持っているのかもしれない。
あるいは、「オレはここで生きている!」という証を記しているのか・・・
[PR]
by naoki_7979 | 2008-03-13 20:13 | 小笠原

満席

約2週間前に小笠原の旅の催行を決めたとき、家族旅行のような旅だろうと思っていた。
小笠原行きを2週間後に控えた今、この旅は満席になった。
締切間際に「なんとか行きたい!」と問い合わせてくれた参加者や、
現地で対応してくれた観光協会の方々や、ガイドのたけちゃんなど、たくさんの人に感謝。

思いがカタチになる。こんなに嬉しいことない。
よし!探検隊の仲間とクジラの泳ぐ海で、思いっきりはしゃいでこよう。
[PR]
by naoki_7979 | 2008-03-04 19:17 | 小笠原