<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Ricky

ラスベガスのホテルでRickyに初めて会ったとき、
「あ、この人なら大丈夫」って直感的に思った。
Rickyは僕たちの旅を最高のものにするために、
いつも笑顔でサポートしてくれた。

車の中ではいつもひまわりの種を食べていて、
毎晩おいしい食事を作ってくれて、
イーストンのキャンプ場では裸で飲みに行って、
レイクパウエルでは率先して泳いで、
自分のお気に入りの場所に連れていってくれて、
グランドキャニオンのボウリングでは自己最高スコアを出して、
味噌汁、博多ラーメンを「うまい、うまい」と食べて、
焚き火を囲んでギターを弾いてくれて、
「Rock'roll」と「めちゃウマイ」が口癖で・・・

僕たちの旅が今年最後のトレックの旅。
この後にアジアを旅するらしい。
日本に来ないの?って聞いたら、高いからな~って苦笑いしてた。

Rickyを含めて10人で旅した1週間、二度とない時間。
でも、いつか、どこかでまた会えるような気がする。

b0020843_21145741.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2006-09-29 21:15 | グランドサークル2006

変化

「この旅に参加したことだけでも、僕にとってかなり積極的な行動なんです」

初日の自己紹介でそう語ったりょーは、静かで多くを語らなかったけど、
時折見せる仕草やはにかんだ笑顔、言葉から、素朴な優しさを感じた。

グランドキャニオンの20キロはかなりきつかったらしい。
それでも黙々と歩いて先頭集団で歩ききった。
自分の足で歩ききったこと、このことは、りょーにとって自信になったはず。

ラスベガスのホテルに着いて、
「最後の忘れ物チェック係、誰か立候補いない?」
って言ったら、りょーが手を挙げた。

この旅でりょーが何を感じたのか、
写真交換会の時にでも、酒を飲みながらゆっくり話を聞いてみたい。
[PR]
by naoki_7979 | 2006-09-29 21:06 | グランドサークル2006

友からのメール

昨年夏にグランドサークルを旅した仲間の二人から、おかえりメールが届いた。
昨年は厚い雲に覆われて見ることができなかったモニュメントバレーの朝日。
「今年は見ることができたよ、昨年、みんなといっしょに見たかった。」
って書いたら、こんな返事が返ってきた。

「私ね、あのグランドキャニオンの朝日に参ってしまって、
 今でもしょっちゅう思い出す光景なんだ。
 あの旅で、モニュメントバレーでも朝日が見れちゃってたら、
 もしかしたらグランドキャニオンのあの感覚はなかったかもしれない。
 ていうか、絶対ちがったはずだもん。
 だから、去年は見れなくてよかったんだよ。
 いつかずーっと先に、また訪れたときに見れたらいいなー」

「朝日見れたんだ うらやましいな
 まぁやり残したことがあるから、また行きたくなるのかも
 懐かしくなってきた 写真でも見ようかな~」

モニュメントバレーのビュートを遠くに見ながら、ラジオ体操したり、空気椅子してた。
もちろん、あの朝日を見ることができるにこしたことはないけれど、
見ることができたとか、できなかったとかじゃなくて、その出来事をどう捉えるか・・・

旅先に限らず、生きていく中で、自分の思い通りに、希望通りにならないはいくらでもある。
特に自分の力の及ばない自然と向き合うと、そんなことがあたりまえに思える。

昨年いっしょにいったこの二人の仲間のことを誇らしく思う。
そして、今年新たな仲間と朝日を見ることができたことを幸せに思う。
[PR]
by naoki_7979 | 2006-09-28 20:55 | グランドサークル2006

レイクパウエルにてアクロバットチーム結成!

b0020843_23425745.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2006-09-27 23:43 | グランドサークル2006

旅の仲間

たまたま出会った10人の旅仲間
みんなが楽しそうにしている姿を見ていると嬉しくなる
そんなみんなを見ているのが好きで
その姿を写真に収めたくなる
みんないい顔していたよ いい旅をありがとう

b0020843_23385459.jpg

「旅の余韻」
今日、会社の方に私が撮った写真を見てもらった。
その写真を見て、皆驚き、いい写真だと言ってもらえたよ。
まだ、この旅でできた傷が治らずに旅の余韻を感じているの(笑)。
この旅では、初めて体験することばかりで、
毎日驚き楽しみにしていたよ。この経験がいつどこで役に立つか
分からないけど、その日が来ると思っているよ。
この旅の余韻はまだ続きそう・・・。

***
「旅酔い」
旅が終わっても、ふとしたときにぼんやり思い出す、
心地よい「旅酔い感」に浸ってます。
最近は、旅慣れてしまったせいか、終われば良くも悪くも、
現実にドライに戻れていた。
だから、ただ純粋に、旅の初心に返りたいって思ってた。
しばらくは覚めそうにない旅と共に時間を共有できたみんなに、乾杯!
そしてこれからもよろしく~♪ 
[PR]
by naoki_7979 | 2006-09-27 23:39 | グランドサークル2006

ココア

b0020843_1435566.jpg世界で一番美しいというモニュメントバレーの朝日
みんな夜空け前からゴソゴソと起き出した。
ビュートの上には三日月、
空が闇から濃いブルーに変わり、
地平線がオレンジ色に・・・
幻想的な空の色に目を離すことができない。
自分の目で見ておきたいと思いながら、
やっぱり写真に残しておきたいから、
シャッターを押すことを繰り返していた。

b0020843_14352084.jpgそんな中、
さとしが「ココア飲みたい」って言いながら
その場所を立ち去った。

数分後、「はい、ココア」って、
全員の分を作ってくれて持ってきてくれた。

さとしのあったかさがこもった一杯のココア。
あの日のモニュメントバレーの朝日を思うたびに、
ココアのことを思い出す。

最高にうまかった。
[PR]
by naoki_7979 | 2006-09-27 14:36 | グランドサークル2006

RickyからのGift

「僕のお気に入りの場所に行くよ」
そういって、Rickyは曲がりくねった凸凹道で車を走らせた。
着いた場所はモニュメントバレーが遠くに見える絶景ポイント。
そして、「瞑想の時間だよ」といいながら、車を降りた。

この旅では、ほんのちょっとでいいから一人になる時間をつくりたいって思っていたから、
このRickyからの提案が嬉しかった。

目を閉じるとシーンとした静寂。
時折、風の音と虫の羽音が聞こえる。

それぞれが思い思いの場所で自分の時間を持つ。
何を考えていたか覚えていないけど、
心が静かになって幸せを感じていたことは覚えている。

b0020843_16561262.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2006-09-26 16:56 | グランドサークル2006

本来ならば

昨夜、自宅に帰ってきて掲示板を覗いてみると、さっそく帰国後の書き込みがあった。
参加者だけしか見ることができない、まもなく消えてしまう掲示板・・・
本来ならば残らない文章だけど、もったいなくから自分のブログに残すことにしよう。
彼といっしょに旅ができたことを本当に嬉しく思う。

***
東京の我が家に帰ってきてみると、
何一つ変わらない毎日がそこにはやっぱりあって、

昨日まで、グランドキャニオンのがけっぷちに座り、
風の音を聞きながら、雄大な景観に見とれていたことが、
物理的な距離以上に遠くに感じる。

旅の間、いろんなことを考えようとしたけど、結局のところ、
あまりに非日常的な環境の中で、日常のことを考えようとしても、
普段の日常を遠く感じてしまい、何も考えられなかった。

だから旅の間は、ただただ目に映るものに見とれていた。

けど、それはそれでよかったんやろうと思う。

日常の不安や不満は1週間の旅ではなにもかわらへんし、
もちろん解決もしいひんけど、

それでも、この旅で感じたことは、
この先の自分の人生の中の価値観のひとつとして
きちんとのこっていくんやろうなっていう確信があるので。

人間の力の及ばない美しいものがこの世界にはあって、
それに包まれるように静かに時間を過ごすことが出来る。
その中で、いい仲間に出会い、語り、笑うことができる。

自分の見える範囲でいっぱいいっぱいになっていたけど、
ちっぽけな自分の外に広がっているものの大きさや豊かさを
感じることの出来た旅でした。

いい旅やった~!

また、旅に行きましょう~!
[PR]
by naoki_7979 | 2006-09-25 19:46 | グランドサークル2006

"新"さんま定食 700円

明日からのアメリカ行きを前に、和食を食べようと思い、
以前から気になっていた店に入ってみた。
メニューの“新”に惹かれて、“新”さんま定食を注文。
注文を受けてから焼き始めるので、ちょっと時間がかかるけど、
焼き立ての熱々のさんまが出てくるのは嬉しい。
これに、ごはん、味噌汁、野菜、おしんこ、海苔。
店の佇まいも、定食内容も、これぞ定食屋。
店の親父さんとのなにげない会話も嬉しい。
秋を感じながら昼メシ700円の至福。
[PR]
by naoki_7979 | 2006-09-15 17:16

残暑の厳しい日曜日、夏の名残を惜しむかのようにちょっと遠出をして水遊び。
仲のいい友達4人+一週間前に会ったばかりのアメリカンRob。
Robとは40分しか会ってなかったけど、話しの流れでいっしょに行くことになった。
ほとんど勢いをいうか直感で、いっしょに行くと楽しいだろうなって思った。
他の3人も彼を自然に受け入れてくれて、Robもすごく馴染んでた。

天気もよくて、すごく気持ちのよかったんだけど、
残念ながら参加したツアー自体は期待ハズレだったかな。
そんなことを移動の車で隣り合わせた一人と話をして、
なんとなく、お互いの話しをするようになり・・・
なんと!今、彼は僕が以前勤めていた会社の仲のいい友人と仕事をしているという。
これには鳥肌がたった。
もしツアーが大満足で申し分ないものだったら、彼とは話しをしなかったと思うんだよなあ。
そう思うと、ツアーがハズレだったけど、そのおかげで彼と出会えたんだなあって思った。
Robといい彼といい、またまた人との出会いの不思議さを感じた一日。

日中の日差しは強かったけど、周りには秋桜が咲き、ススキが風に揺れていた。
[PR]
by naoki_7979 | 2006-09-12 01:41