<   2005年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

成田空港

いっしょにアラスカに行くのホールズがまわる寿司を食べているのを発見。
いっしょに寿司を食べたあとは、展望コーナーで飛行機を見てた。
他のメンバーとはどこで会うだろうか。
さあ、これからアラスカ、フェアバンクスへGO!
[PR]
by naoki_7979 | 2005-12-25 13:37 | アラスカ

ベルマ

キースもベルマも知らなかった頃、アラスカに行く前に購入した
「空に一番近い町 -アラスカ・アウトドア休日」(河野遙著)に
キースとベルマのエピソードが載っている。
明日からのアラスカ行きを前に読み返した。
セントローレンス島生まれの、ベルマがエピソードの中でこう話している。

******
「わたしは、父さんや母さんからいろんなことを教わったわ。何千年も受け継がれてきたエスキモーの文化を、両親に少しずつ、そして限りなく教えてくれたの。当時のわたしは若すぎて、そんなものにちっとも興味が無かったけれど、今考えると、なんて美しい日々だったのかって思うわ。車を運転しているときなんかに、当時のことが、ふと頭の中に蘇るの。もう戻ってこない、美しい世界を」

「エスキモーたちは、もうスノーモービル無しでは生活できない。車やスーパーマーケット無しでは生きていかれない。ほんのちょっと前までは、何もなかった。あるのは無数の動物や鳥、鯨やあざらしや魚、そしてエスキモーとしての、静かな生活だけだった。何千年も前から、エスキモーたちは自然と共に生きてきたのよ。そこにはエンジン音や、電気の灯なんて無かったわ。それが、ほんの数十年前で生活がまったく変わってしまったのね。何千年の歴史や文化の生活が、ほんの一瞬で無くなってしまったのよ」

「スノーモービルに乗っても、アザラシの肉を食べなくなっても、わたしの胸にはエスキモーの心が宿っている。これは、父さんと母さんが与えてくれた最後の砦なのよ。その砦は、誰にも壊すことができない。そして、誰にも奪うことはできない。わたしは子供たちにもその心を受け継がせたつもりよ。エスキモーとしても誇りをけして忘れることのないように。」

******
オーロラを待つ間、あたたかいロッジで、ベルマの話を聞いてみたい。
僕の英語力ですべてを理解できるとは思えないが、その空気を感じみたい。

この時期、ベルマは息子のいるノースカロライナへ行くことが多く、
不在にしているかもしれないが・・・
[PR]
by naoki_7979 | 2005-12-24 21:14 | アラスカ

勢いにのって・・・

数日前、メガネおたくのTommyが、メガネを2つ買っちゃったそうだ。
どっちにするか迷って、両方買ったらしい。
その日、Bettyがずっと買おうか悩んでいた一眼デジカメ、
「買っちゃえ~」ってあおってた。(いっしょにあおったけど。)
そして、今日、Bettyは「デジカメ買っちゃった~」

そんな“勢い”にのって、

お昼ごはんのついでに、数ヶ月前からほしいって思ってたデジカメを買ってしまった。
一眼ではなくコンパクトタイプ。このデジカメはアラスカでデビューする。

自分へのクリスマスプレゼント。
“勢い”って大事だよね。

この「勢いバトン」(ブログ風に)、つぎはミナッコ隊長、よろしく~。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-12-24 15:45

あと3日

おおやしゃぎした深夜、
「オーロラを見ながら星野道夫を語る会」の参加者会議室をのぞいてみたら、
ものすごいことになってた。
酔った頭では整理がつかないと判断して、すぐにクローズ。

とにかく、食事ネタがすごい。
期待通り、食いしん坊、のんべえが集まったようだ。

雪国からの参加者もいるから、
ここ最近の雪の影響が心配されるが、
きっとみんなの熱い思いがあるから、だいじょうぶだと信じてる。

出発まで、あと3日。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-12-22 21:03 | アラスカ

おおはしゃぎの夜

火曜の夜、イベントの講師を誘って、ちょいと一杯のラーメンのつもりが・・・

日本酒利き酒大会になり、

“勢い”に乗って、

焼き芋買って、
バッティングやって、
カーレースをやって、、、
ストラックアウトをやって、、、
サッカーやって、、、、
ママチャリこいで、、、、

帰宅は当然、深夜。

利き酒大会での罰ゲームは・・・
「だめだ、ここでは書けない。。。」
と思っていたら、○長がさらっと書いてた。

この日の収穫!
×長の弱みを2つも握ってしまった。
その×長、翌日、ダウンジャケットのポケットから焼き芋の食べかけがでてきたそうな。

b0020843_19585548.jpg
※写真は、目を隠すことを条件に、本人の了承を得て掲載しています。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-12-22 20:04 | 地球探検隊

楽しみ、みーっけ!

アラスカ出発まで1週間をきって、いろんなWEBサイトをめぐっていたら、
「空のKIROKU」というサイトでこんな記事を見つけた。

◆空飛ぶ巨大アラスカン・キング・サーモン
アラスカ航空といえば尾翼のエスキモーのおじさん!あのおじさんの顔、いいんだよね。
でも、この秋から巨大アラスカン・キング・サーモンのペイントの機体も飛んでいるらしい。

b0020843_12272850.jpg
空飛ぶサーモン、見てみたい~!

そして、もうひとつ。

◆アラスカ航空機内でアラスカン・アンバーが楽しめる!
3月のアラスカで飲んだビールは全部アラスカ地ビール。
その中でアラスカン・アンバーは一番のお気に入り!
今度の旅でも、愛すべきのんべえたちと飲み続けるはず。

b0020843_1229142.jpg
エコノミー・クラスでは$5らしいが、今から誘惑に負けそう。。
あ、でも、乗り物でお酒を飲むのは苦手だったんだ・・・。

※「空のKIROKU」さん、リンクさせていただきました。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-12-19 12:32 | アラスカ

夜が一番長い日

ほぼまんまるの月がきれいだった。
たぶん、明日が満月だろう。

12月に入って、夜の長さと月がすごく気になっていた。
きっかけは12/3のKNOBさんのニュースレター。

------------------
昨日は新月でした。
満月からだんだん欠けていき、今にも消えそうなその月を新月と言う。
新たに生まれ変わるのを願い祈るようなそんな思いを感じます。
そして今月22日は世界中で古来大切にされてきた冬至です。
一年で一番、日が短い日が冬至。
次の日からはまた日が少しずつ長くなってきます。
23日は一陽来復が始まる希望の日です。
(後半略)
                     ~ KNOB ~
------------------

その希望の日に、KNOBさんが北鎌倉「雪堂美術館」で冬至ライブを行う。
今年最後の雪堂美術館での演奏。
KNOBさんにとってもとても大切な演奏になるんじゃないだろうか。
心をこめて聞きたい。

これを書いていて、気がついた。
「雪」堂美術館。
この冬至ライブの翌々日に「雪」の世界に向かう。
こじつけかもしれないけど、一人で勝手にうれしくなった。

*****

アラスカの人々も、冬至を境に春を思い始めるという。
寒い日はまだまだこれからだというのに、
日照時間が長くなることで、春への実感をもつ。

そんなアラスカの人々の暮らしの中に身をおく。
一週間だから、暮らすとはいえないかもしれないけど、
その一部を感じることはできると思う。

冬至を過ぎたばかりのアラスカの夜はまだまだ長い。
初めて体験する夜の長さと寒さが僕達を待っている。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-12-15 00:55

雪、たくさんの言葉

昨日の夜、寒いなーと思っていたら、空から白いものが落ちてきた。
しばらくは気温の低い状況が続くらしい。
最高気温8度とか、9度とか、最低気温が1度とか2度。

ついついアラスカの気温と比べてしまう。
まだまだ、まだまだ寒くない!。

でも、やっぱりオフィスが寒いのはツライ・・・

***
「わしらは自分たちの暮らしを、自分たちの言葉で語りたい。
 英語ではどうしても気持ちをうまく伝えられん。
 英語の雪はsnowでも、わしらにはたくさんの雪がある。
 同じ雪でも、さまざまな雪の言葉を使いたいのだ」
                    ~あるエスキモーの老人~

アニュイ(ANNUI 降りしきる雪)
アピ(API 地面に積もった雪)
クウェリ(QALI 木の枝に積もる雪)
プカック(PUKAK 雪崩をひきおこす雪)
スィクォクトアック(SIQOQTAQ サンクラスト-一度溶けて再凍結-した雪)
ウプスィック(UPSIK 風に固められた雪)

~ 星野道夫 「イニュニック [生命]」 雪、たくさんの言葉 ~

今度の旅では・・・
[PR]
by naoki_7979 | 2005-12-13 00:09 | アラスカ

アラスカへ

先週、年末の「オーロラを見ながら星野道夫を語る会」の参加者会議室がオープンした。
会議室がオープンすると、いよいよだなあって思う。
少しずつカキコミが増えて、ますます気持ちが高まってくる。

特に「オーロラを見ながら星野道夫を語る会」は、この会議室の存在はとても重要で、
自己紹介、情報交換だけでなく、旅の間の「食」の充実はここで決まる。
それは、今年3月に身をもって体験した。
食いしん坊、のんべえがいっぱいいるといいな。

今年3月以来のアラスカ。
3月はそれほど寒さが厳しくなかった。
マイナス30度?40度?の世界ってどんなだろう。
そして、初めて海外での年越し。
激動の2005年の締めくくりを、アラスカで過ごすことがすごくうれしい。
ゆっくりと2005年を振り返って、2006年を迎えよう。

今回、いっしょに仲間はどんな人たちだろう。
いっしょに行くみんなにとっても、

「アラスカにきてよかった。」
「オーロラを見ながら星野道夫を語る会に参加してよかった。」
「この仲間でよかった。」

って思える旅をみんなで創りたい。
そんな旅になる予感がする。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-12-12 18:00 | アラスカ

興奮!

OBSの仲間からもらったチケットでこんなのに行ってきた。

b0020843_23122638.jpg

何年か前にテレビで見た記憶はある。
すごいなあって思ったけど、そんな程度の認識。
選手も技術もルールもわからなかったけど、技術や選手のキャラクターなど、
見るコツがなんとなくわかってくると、どんどん楽しくなっていく。

解説者気取りで
「今のはちょっと着地が・・・」とか「今のはいいんじゃない?」とか言い始めてた。
終盤にさしかかる頃にはビールを飲んで、さらにヒートアップ!
興奮の5時間、いや~、楽しかった!

やっぱり、会場の熱気や興奮を感じられるライブ感がいい。
やっぱり、何かを真剣にする姿ってかっこいい。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-12-12 00:07