<   2005年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

交差点

夜9時すぎ、キューバ音楽をやっているマコトさん、グランドサークルに一緒に行ったまみっこ、
ヨーロッパ帰りのタケ、Bettyと僕は、沖縄料理の店にいた。

誰と約束してたわけでもなく、たまたまオフィスにいた人達で、そんな流れになっただけ。
そう、旅先で出会った人たちがみんなでゴハン食べに行こうって感覚。
思いがけずに楽しい時間を過ごすことができた。

たぶん、明後日の旅祭でもいろんな出会いがあるんだろうなって思う。
真夏のグランドサークル「Team IKUJOE」メンバーとの写真交換会もあるし、楽しみな一日。

「地球探検隊は交差点」 ~Betty~
[PR]
by naoki_7979 | 2005-09-30 01:03 | 地球探検隊

麗蘭

こんな曲あったかな・・・
遠い記憶をひも解きながら、10年以上前に聞いていた「麗蘭」のCDを探した。
なぜ今頃「麗蘭」かというと、
森永博志著「続ドロップアウトのえらいひと」のあとがきに載っていた歌詞が気になったから。
著者には申し訳ないんだけど、本の内容よりもこの「麗蘭」のことが一番気になった。

「人の生き方なんて百万通り
 それ以上限りなくあるさ
 だから世の中と自分を
 比べたりしなくてもいいのだろう・・・」

~「R&R Tonight」 麗蘭~

残念ながら、持っていたCDには「R&R Tonight」が入っていない・・・
調べてみると、昨年「麗蘭」は、13年振りの2nd アルバムを出していた。
え、知らなかった・・・
よし、2nd アルバム「SOSが鳴ってる」を手に入れよう。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-09-29 01:05 | 音楽

大人の給食会

日頃の段取りが悪いせいか、日頃の行いが悪いせいか、はたまた別な理由からか、
とにかく、なにやらドタバタな一日だったが、
夕方、すべてをなげうって、大人の給食会「1967-70年会」へ。
参加者20名。
「昨日イエローストーンから帰ってきました」とか、
「今日(昨日だっけ?)トルコから帰ってきました」とか、
「今日、ハワイから帰ってきて、成田から直行してきました」とか、
「2年半世界一周してました」とか、
「去年6回、探検隊で旅しました」とか、
みんな、すごいパワーの持ち主たち。

探険隊のイベントに初めて参加した人、何度も参加したことのある人、
みんな「旅」をいうキーワードで話しが盛り上がり、あっという間の3時間半がすぎていった。
その後、6人がオフィスに移動。4人が0時まで話し込んでいた。

参加してくれてみなさん、ありがとうございました。
あー、それにしてもお腹すいた。
ごはんはちょっとビミョーでした。反省・・・

b0020843_273620.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2005-09-28 01:59 | 地球探検隊

珍客

MinaBettyが「ウォー!」と叫んで同時に飛びはねた。
3cm、いや5cmはあるだろうか、"スズメバチ"がオフィスに入ってきた。

「どおしよう・・・」
「殺虫剤でいけるかな・・・」
「防護服みたいなのがあれば、いいんだけど・・・」

としあえず窓をあけてオフィスの外へ避難。
そんな中、隊長は雑誌をまるめて恐る恐る近づく。
「あおらない方がいいですよ・・・」

「警察じゃないし、消防署は?消防署、すぐ近くだから相談に行ってきます!」
Bettyの自転車を借りて消防署へ。
ひとしきり説明をしたら、無線でなんやら暗号みたいな番号を伝えていた。
「すぐに行きますから、ビルの前で待っててください。」とのこと。

オフィスに戻り、待つこと5分?10分?
サイレンの音とともに消防車が到着。

b0020843_217033.jpg

中から3人もの消防隊員が現れ、オフィスの中へ。
手にしていたのは有名な殺虫剤。
素手でほんの数10cmくらいのところまで手をのばし、シューッ!
落ちてきたところを箒でたたいたところで無線連絡。
「えー、スズメバチ一匹退治!」

b0020843_2171573.jpgb0020843_217307.jpg

スズメバチは消防署で退治してくれる、ということを学びました。
あー、マジで怖かった・・・・
[PR]
by naoki_7979 | 2005-09-26 21:06 | 地球探検隊

秋のアラスカ!冬のアラスカ!

Bettyのブログ「青の洞窟」を見たら、「なぐが文句言ってる」って書いてた。
ちょっと補足すると・・・
「いつもながら、写真選びが大変なんだよねー」って言っていただけ。
いい写真が多いから選ぶのがホント大変。
500枚あった写真を100枚に絞り、その後50枚に、そして41枚になった。
たぶん、また違う日に選べば違う写真を選んでいるんだろうな。
そんな感じだから今日はデナリだけで力尽きた。キナイはまた来週。
選んだ写真はデジカメからのみ。デジカメ以外に一眼レフのフィルムが15本。
Bettyにアラスカのことを話しかけると、ダダダーッと機関銃のように答えが返ってくる。

色がスゴイ!青い空、白い雲、黄葉、紅葉・・・このコントラストがたまらない。
参加者はみんないい顔してる。
カトマイの熊の親子。アシスタントのAyumiがつぶやいた。
「熊の生活がある・・・」

b0020843_114319.jpg

一昨日、「西オーストラリアー!エクスマウスー!」といっていたMaasaは、
「アラスカいきたーい!熊に会いたーい!」。
そんなMaasaをとりこにしたBettyのアラスカの写真はオフィスにある。

でも、秋のアラスカは一年後なんだよなあ・・・その前に冬のアラスカだ。
今日、「オーロラを見ながら星野道夫を語る会」の企画をUPした。
詳細はまだだけど、今年もやるよっ!
[PR]
by naoki_7979 | 2005-09-25 00:58 | 地球探検隊

ちょっと反省・・・

1967-70年生まれの方を対象とした「大人の給食会」
案内メールを出してからしばらくは参加の申し込みが少ない。
「あ、期末だ~」ということに気づいた。
設定日が悪かったかも・・・とちょっと反省。

でも、お申し込みいただいたみなさん、ご安心下さい。
9/24時点で、18名(スタッフ含)が参加予定です。

明日、グランドサークルから帰ってくる中村隊長は、その話ばかりになること間違いなし!
きっと、熱い熱い「大人の修学旅行」の話が繰り広げられることだろうなー。覚悟してください。
そして、当日はスペシャルゲストもお招きしていますのでお楽しみに~。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-09-24 17:24 | 地球探検隊

カタチになる喜び

10月1日の「旅祭」までに間に合わせようと、「地球探検隊」のリーフレットを作っている。
毎日、何回もPCを再起動させながら、イラストレーター、フォトショップと格闘していて、
1週間くらい前に全体的なイメージができあがった。
だけど、やっぱりこのままじゃだめだって思って友人のデザイナーに頼んで仕上げてもらった。
うーん、当たり前のことだけど、さすがプロの仕事って感じ。
もともとの全体の構成は僕だから・・・?ということはさておき、できあがりがすごく楽しみ!

できあがったあとにああすればよかったとか、こうすればよかったと思うだろうし、
たくさんの人の目に触れるから、なおさらいろんな意見があると思う。
でも、それは次に改善すればいいことだって自分に言い聞かせて・・・
まずは、頭の中で考えていたことを具体的にカタチにすることが大切で、
まがりなりにもそれが実現することってすごくうれしい。

もちろん一人でできるはずはなく、探検隊のスタッフや友人が手伝ってくれたことに感謝。
で、また思った。
今回、相談できる友人がいて、すぐにやってくれたって、すごく幸せなことなんだって。
仕事も、プライベートも、いろんな人に支えてもらっていることに感謝です。ありがとう。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-09-22 23:01 | 地球探検隊

シェア

6,7年くらい前、吉元由美さんの本が好きで読んでいた。
最近、たまたま本屋で見つけた「マナ 楽園からの贈り物」は、
ハワイを舞台としてたエッセイとショートストーリーで構成されている。
すがすがしくて心地よくて、すてきな言葉が散りばめられて、いろんなことを気づいたりして、
この本について、もっと書きたいって思っていた。
そんなときに「Team Slow Life」のBatoからメールが届いた。
ブログを読んでメールをくれたことがすごくうれしい。

---------------------------------------
アロハ~♪
お友達がシェアしてくれたのシェアします♪
***************
「HAWAII」は、ポリネシアン語で「神様のいる場所」という意味です。
「ALOHA」は、こんにちは。よろしく。愛、思いやり、祈り、新鮮な、最愛の、尊敬するetc
沢山の意味を持ちます。
この「ALOHA」は5つの言葉の頭文字から成り立っています。

AKAHAI・・・やさしさと思いやり
LOKAHI・・・調和と融合
OLUOLU・・・喜びをもって柔軟に
HAAHAA・・・ひたすら謙虚で
AHONUI・・・忍耐と我慢

この言葉たちが、まさにハワイアン・スピリットです。
みんなでALOHAの気持ちを常に持って
LOVE & PEACEの世界にしましょう!
***************

「マナ 楽園からの贈り物」の解説で高樹沙耶さんが同じようにアロハの意味を書いてた。
若干、違うことを書いてる部分もあるけど、それはたぶん伝承の違いなんだと思う。
そして、高樹さんがアロハの意味のあとに書いていた文章をちょっと加えると・・・

「そんなアロハな心を持つことができた人たち、そんな心で結ばれた地球の人たちをオハナと呼ぶのだそうです。家族という意味なのですが、それは血のつながっている家族という意味だけではないそうです。地球に生きている命はすべてつながっている、そして愛といいう思いで結ばれている、そんな意識を持ち行動している人たちのこともオハナというそうです。」
[PR]
by naoki_7979 | 2005-09-22 02:09 |

アロハ

「アロハは、ハワイアンの自然観すべての源を言うんだ。心のすべてをね。ハワイアンにとってもっとも大切なのは、愛、慈悲、誇り・・・・・・このアロハの心でつながれたのが、ファミリーとしてのハワイアンなのだ。
 ~ 中略 ~
アロハと言葉に出すときは、自分の中のアロハが伝わっていく。でもこれはハワイアンに限ってすることではない。人間の誰もがアロハを持つべきなのだ。そしてエネルギーとして相手に伝えていけたらいい。けれど悲しいことに、自然を神としない人達にはそれがむずかしいのだ。自分の力だけで生きていけると信じている。自然に生かされていることも知らずにね」

「人生を変えようとがんばらなくていい。変わる必要があれば、すべて自然のなりゆきで変わることができるのだ。悩む君も君自身なのだ。大切なのは重たい荷物、身につけているいろんなことをリリースすることだ」

*****
古代ハワイアンたちは、大自然を神として、存在するものすべては大自然に生かされているという宗教観を持っていた。この世界を創っているすべてのものとの一体感。たぶんそれがALOHAの根底にあるのではないかと思う。ALOHAというのは、言葉であると同時に、精神性である。

~吉元由美 「マナ 楽園からの贈り物」
[PR]
by naoki_7979 | 2005-09-19 22:28 |

「星は見ていた」

友人が出演する芝居を見た。
その友人は舞台の転換を図るような重要な役割で、空気が引き締まる緊張感があった。
小柄な友人が、舞台の上では存在感があってとても大きく見えた。
声のトーン、話し方、立ち振る舞い、目線、会場の照明、音楽・・・
自分がどんな役割で、どう表現したらよいのか、ということがちゃんと伝わってきた。
やっぱり「ライブ」はいいなあ。

芝居の内容は「新撰組」。
歌あり、踊りあり、コントありで、笑ったり、涙したり、いろんなことを考えた。
「命」のことを考えてた。
「時代」という言葉を使ってしまえばそれですんでしまうのかもしれないが、
どうして、人が人を規律のためで殺めなければらないのか。
どうして、死を選ばなければならないのか・・・
考えてみれば、今の時代も、いつの時代も、人が人を殺めていて、死を選ぶ人がいる。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-09-19 21:36