<   2005年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧

フォーチュン・クッキー

ラスベガスのバッフェでもらった
「フォーチュン・クッキー」のメッセージ。
すっかり忘れていたけど、出てきた。

「You are heading for a land of sunshine.」
[PR]
by naoki_7979 | 2005-08-31 17:24 | ことば

バランス

ちょっと体調を崩してしまった。
体だけじゃなく、心も弱っていた。
人間って、けっこうもろいなって思った。
そして、心と体はつながっているって思った。
いろんなことが不安になって、ゴチャゴチャと考えていた。
たぶん、まわりにマイナスのエネルギーを発していたと思う。
すごく嫌な自分を感じてた。
素直じゃなかったり、トゲトゲしていたり、優しくなかったり、自信がなかったり・・・
こんな時、誰かに聞いて欲しいっていう思いと、人には知られたくないって思いが交錯する。
だけど、嫌な自分も、弱い自分も、全部自分。自分で向き合っていかなきゃ。

今日は久しぶりにずっと家にいて、寝たり起きたりのダラダラ生活。
少しずつ回復している・・・、はず。
こうやってブログを書くことができるようになってきたし・・・
でも、いいのかな、こんなブログで。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-08-31 16:16

日曜日

隊員が出場した原宿の「スーパーよさこい」を見た。
単純にかっこいいって思った。
みんないいエネルギーを発してた。
ただ踊ること、表現することを楽しんでいて、
これだけ熱くなれることがすごくうらやましいって思った。

午後、久しぶりに地球交響曲の第四番を見た。
といっても、ちゃんと見たのは名嘉睦稔さんのとこだけ。

「幸せはへりません」 ~名嘉睦稔~

夜、3ヶ月間西表島に行くSaoの送別会があった。
みんながSaoのことを好きで、Saoのことを応援している。
楽しみだと思うけど、不安もいっぱいあると思う。
東京にいても、西表島にいても、どこにいても、まっすぐなSaoでいると思う。
たくさんの可能性を持っているSaoは、いっぱいいろんなことを見て感じて大きくなっていくよ。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-08-31 15:50

にぎやかな土曜日

アラスカ、ヨセミテから帰ってきたTommyが25日から出社、
モンゴルから帰ってきた中村隊長が今日から出社して、久しぶりにスタッフが勢揃い。

15時から「地球探検隊を知る夕べ」が始まる。参加者10人。
その後も続々と隊員が集まってきた。
今日は総勢何人がオフィスに来たんだろう・・・
30人は越えていたはず。

「モンゴルの馬をもらってさ~」
「10月のグランドサークルか、12月のオールトラリアか・・・」
「ベトナムのホテルは・・・」
「アンコールワットに行きたい・・・」
あちらこちらで旅の話で盛り上がる。

19時を過ぎて、まだ10名以上。
にぎやかな土曜日のオフィス。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-08-27 19:18 | 地球探検隊

あの地へ

10月、この時期としては初めての「大人の修学旅行」が発表になった。
秋のグランドサークルは、どんな表情を見せるんだろう。
グランドサークルから帰ってきて、
たくさんの人にあの風景と出会ってほしいと思っていたから、
あの地を訪れる人がふえると思うとうれしくなる。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-08-26 10:10 | 地球探検隊

ふと思ったこと

歩道に植えられた木が目にとまった。
車の排気ガスを吸って、騒音を聞きながら、狭い土の上で生きている。
あの乾燥した土地で、岩にしがみつくように生きている木よりも、
東京の真ん中で生えている木のほうが、よっぽど過酷な環境にいるのかもしれない。

東京の真ん中の木は、ザイオンの岩にしがみついている木の存在を知らない。
ザイオンの岩にしがみついている木も、東京の真ん中の木の存在を知らない。
ただ、自分達がいる場所で必死に生きているだけ。

もっとも、そんなことを思うのは人間だけで、
木は、ただ生きていること、それが全てなのかも・・・
[PR]
by naoki_7979 | 2005-08-24 23:39

言葉にできないこと

どこを切り取っても、この旅の一瞬一瞬が鮮やかに蘇ってくる。
出会うもの全てがキラキラと輝いていた。
言葉を失うほどの風景、みんなの何気ないしぐさや、笑顔、泣き顔、寝顔・・・
あたりまえのことだけど、この旅の全てを書くことはできない。
伝えたい人がいるのに伝えきれないもどかしさ。
いっしょに旅をした仲間だけがわかりあえる感覚・・・
言葉にできないってことがわかりあえる。

おそらくこの夏、心が震えるような風景や人々と出会った人はたくさんいるだろうなって思う。
この夏だけじゃなく、今までも、そしてこれからも。
そう考えると、この旅は決して特別な旅じゃないかもしれない。
だけど、みんなといっしょに過ごしたグランドサークルの旅は、間違いなく特別な旅だった。

旅の途中、この旅が終わらないといいなあと思ったが、
終わりがあるからその輝きが増すのかもしれない。

そして、まだ旅の途中。

b0020843_15534494.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2005-08-24 14:32 | グランドサークル

Day7 ラスベガス-成田

朝7時25分、集合時間5分前なのに、まみっことかずえっちがいない。
先に朝食を食べ終えたキャサリンが部屋に行くと、まだ寝ていた。

帰国を延ばして遊んでいく3人もラスベガスの空港まで見送りに来てくれた。
3人と別れ、別便で帰国するすぎちゃんと別れ、サンフランシスコへ行くサワと別れ、
いっしょの飛行機で帰国する5人になった。あとは飛行機に乗って帰るだけ。

b0020843_1354293.jpg


乗り換えのロサンゼルスの空港でアクシデントが起きた。
右腕にしていたおそろいのバングルがない。
かずえっちといっしょに、乗り換え後に歩いたルートをたどる。
NWのスタッフに頼んで、乗ってきた飛行機の中も探す。
見つからない・・・

まみっこもいっしょに探してくれた。
やっぱり飛行機の中のような気がする。
さっきと別なスタッフに、まみっこの腕につけているバングルを見せて、
「これと同じものを探してほしい」
今度は、中に入れなかった。
しばらく待っていると、そのスタッフがバングルを手に戻ってきた。
まみっこと抱き合って喜ぶ。
まみっこの目にはうっすら涙がにじんでいた。
みんなで歩いたグランドキャニオンで流した汗のしみついたバングル。
こんなに大切にしてくれているんだと思ってうれしくなった。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-08-23 23:18 | グランドサークル

Day6-2 ラスベガス

最後の夜、おしゃれしたり、しなかったりで、乗り込んだリムジン。
全長何メートルあるんだろう?
シャンパンを二本あけて、キャーキャーいいながら大騒ぎ。
NYNYのローラーコースターでは、怖がるすぎちゃんといっしょに一番前に乗った。
すぎちゃんも僕もラスベガスの夜空に大声をあげて楽しんだ?怖がった?
リーダーのJoeもひげをそって、襟つきのシャツを着て、01時30分まで別れを惜しんだ。

b0020843_22561154.jpg

Joeと別れた後、「Team IKUJOE」 の解散式。
店じゃなくて外でやろうということになった。
車の中でそれぞれに書いたメッセージを渡す。
最後は、かずえっちから僕へ。
メッセージカードのはずがTシャツだった。
そうか、だからみんな助手席に座らなかったんだ・・・

みんなからのメッセージを読む。
頭の中が真っ白・・・
みんなへのお礼の言葉やら、最後に言おうとしたことがすっかりとんでいった。

b0020843_22565744.jpg

このの旅は終わるけど、「Team IKUJOE」の仲間とは出会ったばかり。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-08-23 22:54 | グランドサークル

Day6-1 グランドキャニオン-ラスベガス

「地球探検隊」メルマガ99号で書いた自分の文章の一部。

「もうすぐこの旅が終わる。
 グランドキャニオンからラスベガスへ戻る車中。
 目の前には、広い広い青空と、ひたすらまっすぐな道。
 ああ、この道が終わらないといいなあ。

 疲れて眠っている時以外は、いつも誰かの笑い声が聞こえていたのに、
 今はCDの音しか聞こえない。
 一週間、いっしょに旅をしたみんなが、それぞれにメッセージカードを書いている。
 みんなの顔を思い出しながら、メッセージを書いていると自然に涙がにじんでくる。
 こんな時に助手席でよかった・・・」

b0020843_13483878.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2005-08-23 22:30 | グランドサークル