カテゴリ:飛騨( 8 )

「森づくり、モノづくり」の旅 3日目

b0020843_1919996.jpg
朝6時。
昨夜の夜更かしの影響で、宮川朝市行きの参加者は男性6名のみ。
新鮮な野菜をいっぱい買いこんだ。

朝食の後、「先生」の案内でオークヴィレッジのショールームと博物館見学。
そして、森の中へ。
緑の森の中には、ドングリハットと呼ばれる小屋があった。
以前は、遠くに乗鞍岳を見ることができたらしいが、今は、木々が視界をさえぎっていた。

b0020843_19195658.jpg
モノづくりの最後は、昨日の「木の器」と「箸」の仕上げ。
全員、黙々と作業を続けて、ここでできる作業が終わった。
各自、約1ヶ月乾燥させて、ヤスリと油を塗って完成。
1ヶ月後が待ち遠しい。

b0020843_1920192.jpg
昼食は、ピザにのせる野菜を収穫し、ピザ釜を使ってピザ作り。
旅の最後、車でオークヒルズを離れるとき、
先生、淳子さん、くみちゃんが、ずーっと手を振っていてくれたのがすごく印象的だった。
[PR]
by naoki_7979 | 2009-07-03 19:55 | 飛騨

「森づくり、モノづくり」の旅 2日目

b0020843_21252495.jpg
朝は森のスペシャリスト、キタさんの案内で森の散策。
木のことを学ぶ楽しさを感じる。
そして、チェンソーによる択伐作業。
なぜ木を切るのか・・・という話を聞きながらの森づくり。
日本の森の豊かさ、深さを思う。

b0020843_2138996.jpg
真剣な眼差しでの器&箸づくり。
メンバー通しの投票により、初代木工部部長はすがっちに決定!

b0020843_21404079.jpg
夜はキャンプファイヤー&花火大会でおおはしゃぎ。
火を囲むと、なぜか嬉しくなる。
[PR]
by naoki_7979 | 2009-07-02 21:42 | 飛騨

「森づくり、モノづくり」の旅 1日目

b0020843_21371315.jpg
現地スタッフの隊員ろくさんを含めて7名というコンパクトさに加えて、
車が2台自由に使えるということになり、当初の予定を変更して高山市内観光。
高山の郷土料理の昼ごはんと食べ歩き、飲み歩き。そして、社会科見学のような陣屋へ。

b0020843_21393033.jpg
夕方、オークヒルズへ着くと、さっそくモノづくりスタート。
3日間使用するネームプレートも手作りで。

b0020843_21422574.jpg
地の野菜などを使った夕食の後は、夜の高山観光。
昼の賑わいとは別の静かな町を歩いた。
そして、各自持ち寄ったお酒やお菓子などで前夜祭。
事前に掲示板で話をしていたそれぞれの旅プレゼンで盛り上がった。
[PR]
by naoki_7979 | 2009-06-30 21:42 | 飛騨

緑の森の中で

飛騨高山での「森づくり、モノづくり」の旅は、天候に恵まれた3日間。
気持ちのよい緑の森の中で、気持ちのよい汗をかいて、過ごした。

b0020843_21215436.jpg

昨日、オークヒルズのじゅんこさんから届いた嬉しいメッセージ。

「このたびは、ご利用いただき、本当にありがとうございました。
 こちらのスタッフも一緒に楽しませていただいた感じです。
 参加者の皆さんの、きらきらした瞳が印象的でした。

 皆さんを見ていて、若い頃の、旅が大好きだった自分を
 思い出しました。
 一人旅を随分しましたが、もし当時「地球探検隊」が存在
 していたら、絶対参加しただろうなと思いました。
 若い頃の旅って、”自分探し”が多かったと思います。
 でも一人では、結局何も気づけなかったように思います。
 人とのかかわりによってしか、自分のことに気づいたり
 できないものですよね。
 参加者にとっては、楽しみながらつながり、気づきの場
 を提供される旅のくみたて方。すばらしいなと思います。」
[PR]
by naoki_7979 | 2009-06-30 21:26 | 飛騨

地球探検隊 木工部 第一期生

来週末の飛騨高山「森作り、モノ作り」の旅は、
締切前に出発2週間前になり、WEBでの参加者会議室をオープン。
さっそく、嬉しいメッセージが書かれていた。

「出発までに家族が増えるかもしれない家族旅行♪ 楽しみにしています!」

そして、オークヒルズ代表、稲本裕さんのインタビューを見つけてくれたり、
マイブームの食べ者持ち寄りプランや、花火や夜の遊びもどんどん提案したり、
探検隊リピーターが引っ張り、初参加者が、巻き込まれるようにどんどん中に入っていく感じ。

さらに、現地のスタッフとして参加するオークヴィレッジに勤める隊員ろくさんが、
「高山ナイトツアー」を提案してくれたり、現地でのおすすめ駄菓子を教えてくれたり・・・
なんだか、いい感じに盛り上がっている。
探検隊初モノ企画、楽しい旅になりそう。

b0020843_17412154.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2009-06-16 17:35 | 飛騨

優しい目線

ペルーに行っている間に、中村隊長が家族で飛騨を訪れた。
隊長自身もすごく楽しんだとの報告を聞いているが、
隊長の奥様が書いているブログ「木漏れ陽の幸せ時間」が、すごくいいなあと思った。
Rayさんの目線の先にある高山の自然、宿、食事、スプーン作り、娘達・・・
文章から、写真から、優しさが溢れていて、この旅への愛しさが伝わってくる。
緑の濃くなる6月、飛騨・高山へ「森づくり、モノづくり」の旅で再訪する。
優しい時間を送りたいと思う。

b0020843_1930333.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2009-05-18 21:30 | 飛騨

完成

飛騨高山で作った木の器
乾燥させた後に紙やすりをかけ、
オイルを塗ったら、
見違えるようにきれいになった。
木目の感じがいい。

b0020843_20285058.jpg
この木の器を作る旅も準備が整い、昨日発表した。
今度は、もっと大きな器と、箸を作る予定。
森を育てるための木の伐採も体験し、その木を使って器を作る。
できたモノを買うのではなく、モノを作り、それを使う。
自分の手で作る器と箸だから、いろんな個性が出るし、愛着が生まれる。
地球探検隊の木工部、一期生は、どんな人が集まるのだろうか。
今度は一人ではなく、探検隊の仲間と、木の国、飛騨の森を楽しみたい。

「岐阜・高山:森づくり、モノづくり」
~ 森の宿に泊まり、木の器と箸を作る ~

[PR]
by naoki_7979 | 2009-04-18 20:31 | 飛騨

モノづくり

「飛騨の匠」で有名な岐阜県・飛騨地方で、生木から「器」を作った。
ノコギリ、玄翁、カンナ、ノミ、電動ノコギリや名前のわからない道具が
所狭しと置かれた部屋は、木の香りが充満していた。
中学の技術の授業依頼、手に触れたことがない工具を使って、
少しずつ加工していくと、丸太だった木が形が変わっていく。
イメージしていた形とは少し違ってしまったが、
それでも自分の手で作った器だから愛着がある。
あとは乾かして、ヤスリをかけて、オイルを塗ってできあがり。
さて、何に使おうか。

b0020843_1971062.jpg

さっそく、初夏(梅雨?)の頃に、山の手入れをして、モノ作りをする旅を準備中。

「100年かかって育った木は100年使えるモノに」
~ Ork Village(オークヴィレッジ) ~
[PR]
by naoki_7979 | 2009-04-09 19:12 | 飛騨