カテゴリ:映画( 11 )

ギアナ高地

映画「カールじいさんの空飛ぶ家」。
見る前は、おじいさんが風船をつけた家に乗って空を飛んでいる、
くらいの予備知識がなかった。

カールじいさんが空飛ぶ家で目指す場所は幻の滝パラダイスフォール。
その場所のモチーフがギアナ高地のエンジェルフォールだった。
DVDには、映画スタッフがギアナ高地に訪れる“おまけ”がついていた。
ずっと昔、どこかの喫茶店でギアナ高地の写真を見て、衝撃を受けた記憶がある。

多国籍ツアーのgap adventuresで、
ギアナ高地をトレッキングする旅がある。
新設されたこの旅ができたばかりの頃、イクちゃんとよく話しをした。
まもなく、この旅に参加する方もいる。
南米ギアナ高地は、いつかは行きたい場所のひとつ。
[PR]
by naoki_7979 | 2011-10-06 12:20 | 映画

同窓会のようなもの

内モンゴルから帰国して12時間後、8月15日8時30分、青山のウィメンズプラザにいた。
KNOBさんが主催した「地球交響曲第6番」の上映会のお手伝い。

僕がこの映画と出会ったのは、4年前、仕事をやめて一年間フラフラしていたときの頃。
何度も見た映画、何度もいっしょに上映会を手伝った仲間。
KNOBさんをはじめ、このときに出会った友人は、すごく不思議な縁で続いている。
地球探検隊との出会いも、この映画があったからといってもいい。
そのきっかけになったえみねぇもママになって、会場に来ていた。
あの一年間の空白期間があって、今、ここにいると思う。

そして、今回の上映会では、500人を越える人がこの映画をみた。
地球探検隊の隊員の姿も大勢みかけた。
上映が終わったあと、拍手があった。
第6番に出演している4人の演奏があり、会場が彼らの音に包まれていた。
龍村監督の話は、相変わらずパワーにあふれていた。
第7番の完成が待ち遠しい。

上映会が終わり、打ち上げが終わり、なんだか祭りの後の寂しさのようなものを感じた。
一人のスタッフとして、上映会にたずさわったことを嬉しく思う。

b0020843_21372976.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2009-08-21 21:31 | 映画

地球交響曲第六番

真昼間、汗をかきながら自転車で恵比寿へ。
今日の1時の回にはKNOBさんがいるといっていたので、
その時間に合わせて行くことにした。
何となく、映画を見る前に顔を見たいなって思ったから。

入口に龍村監督がいて、KNOBさんがいて・・・
サインをしたり、写真を撮られたり、なんだか不思議な感じがしたけれど、
スクリーンの向こうで、ディジュリドゥを吹いている姿は、すごく自然だった。
三原山の噴火口で、神聖で誰も寄せ付けない力強さと、安心感が同居する感じがした。
あの噴火口で、なぜかてんとう虫がディジュリドゥの上を歩いていたシーンが、
それを表していたように思う。

ついつい、KNOBさんのことがすごく気になるのだけれど、
いくつものシーンや言葉が残っているのだけれど、
今日は、ピアノ奏者のケリーヨストさんの言葉がぐっときた。

彼女が人生で最も苦しい時、地球交響曲第四番で音楽を使いたいという知らせを聞いて、
「それが私の生きる希望になりました」と言っている。
そして、「それでも人生は続いてゆく。よいことはまた必ずまた起きる、そう信じること・・・・」

「それでも人生は続いている」
彼女がこの言葉を発した時の表情がすごく印象に残っている。
[PR]
by naoki_7979 | 2007-05-24 00:18 | 映画

memo

「明日だって 明後日だって 50年先だって ずーっと夕日はきれいだよ」
~ ALWAYS 三丁目の夕日 ~
[PR]
by naoki_7979 | 2007-04-04 23:35 | 映画

The Last Trapper

カナダ・ユーコンを舞台とした映画「狩人と犬、最後の旅」
テレビ番組でちょっとだけ紹介されていた。
これはかなりそそられる・・・この夏必見!
[PR]
by naoki_7979 | 2006-08-09 00:47 | 映画

祝・一万人

「ガイアシンフォニーを一万人に」と上映を続けている青樹さん
明日、3月11日の第四番で一万人を迎える予定だという。
「地球探検隊」が応援しているということだけでなく、
個人的にこの映画と青樹さんには、強い思い入れがある。
12年勤めていた会社を辞めて、いわゆるプータロウの約1年間、
青樹さんの上映会のお手伝いをしていて、何十回と見た。
青樹さんをはじめ、ここで出会った人は、僕に大きな影響を与えてくれて、
大切な友となり、恩人となり、ボスとなった。
そして、この縁は今も広がっている。
あのタイミングで、出会えたことを感謝しています。

一万人を目標にしてきたといっても、青樹さんにとって、
これは1つの到達点であり、通過点だと思う。
まだまだ、旅の途上。
これからの青樹さんの活躍に期待します。

おめでとうございます!
[PR]
by naoki_7979 | 2006-03-10 23:30 | 映画

「地球交響曲」

今年初の「地球交響曲」
何度見ても、感じることや思うことがあふれてくる。
新しい発見もあるし、そうだよねって思いかえすこともある。
その時の自分の心持ちや、とりまく環境など、いろんな要素が違うから。

今日は、幸せな気持ちになった。
あらためて、この映画に出会ってよかったって思った。
出演者の表情、言葉、映像の美しさ、龍村監督のメッセージが心地よく響いてくる。

そして、
この映画をたくさんの人に見て欲しい、と上映会を続ける青樹さん
青樹さんが上映を続けているからこの映画に出会う人がいる。
僕もその一人。
さらに、そこから広がっていくたくさんの出会い。
ディジュリドゥ奏者のKNOBさん
上映を手伝うスタッフ仲間、
映画を見に来る人々、
そんな人たちと映画によってつくられるこの空気感がいい。

--------------
あなた達、ひとりひとりこそ、主役なのです。
あなた達、ひとりひとりが世界を変えるのです。
人間の営みがどれほど環境や社会を傷つけて来たのかをもう、
みんな知っています。
そして、何が正しく、何が間違っているのか、何をなすべきで、
何をやめるべきかを理解し始めています。
世界を変える力は、自分の中にある。
そのことに気づかなければ未来はない。
でも子供達は知っています。
自分が宇宙の中心であることを知っているます。
自分自身の行動こそが周りの人々を変え、環境を変えていくことを知っています。
何が問題なのかを知り、誰が解決できるのかを知っている子供達、
これが一番重要なメッセージです。
「あなたこそ、世界を変える人です」

“Hope,Love,Understanding”(希望、愛、相互理解)

~ Jane Goodall ~
--------------
[PR]
by naoki_7979 | 2006-01-23 00:27 | 映画

てんつく

映画「天国はつくるもの」をようやく見ることができた。できたという言い方は不自然かな?
以前から見る機会をうかがっていたが、この日が僕にとって、この映画に出合う日だったんだって思った。

隊長のブログでみつけたMasamitsuくんの書き込みで、隊長、Masamitsuくんといっしょにメキシコに行ったAMYさんの友人Sayakaさんが、吉祥寺で上映することを知った。
メールでつながっていた、Haijiさんとようやく会うことができた。
AMYさんや、他のメキシコメンバーともつながった。HaijiさんはKNOBさんともつながっていた。主催の方々の打ち上げに参加したら、他にもつながる、つながる・・・

いろんな場面で自分に置き換えていた。
世の中には矛盾がいっぱいあって、映画の中にも矛盾を感じることがあった。
それでも、やっぱり考えるだけ、思うだけじゃなくて、動くこと。
動くことに凄い力があるって感じた。
マフラーのくらいさんも、サバニのリーダーも、アフガンの子供達も、みんないい顔をしていた。
主催のSayakaさんもスタッフのみんなもいい顔だった。

その顔が、その力が、自分にもあるはず。
僕も7月から新しい一歩を踏み出す。
いい顔ですごしていたい。
[PR]
by naoki_7979 | 2005-06-27 16:47 | 映画

多様な生命

「最も深い海を訪れた人間は宇宙を旅した者よりも少ない」 ~DEEP BLUE
[PR]
by naoki_7979 | 2005-06-19 19:12 | 映画

地球交響曲第5番

久しぶりに見た「地球交響曲第5番

西表島の映像が美しい。
紅露工房の庭がいい。
木々の緑とまぶしい太陽の光、そして風。
風にたなびく布のあざやかさとやわらかさ・・・

第5番は何回目だろう。
いつも心に響くダライラマ法王の言葉。
「苦しみが慈悲の心を育てる」

そして、今日一番響いたのは、ラズロー博士の言葉。
「ひとりひとりの中に変化を起こす力がある。力があるからこそ責任もある。」
「自分自身が変わることによって世界を変える」
[PR]
by naoki_7979 | 2005-06-18 01:07 | 映画