カテゴリ:グランドサークル2007( 6 )

焚き火とギターの関係性

b0020843_20283922.jpg
焚き火とギターはなぜこんなに相性がいいのだろう。
(写真:Taku)
[PR]
by naoki_7979 | 2007-10-19 20:29 | グランドサークル2007

夜明け前

「モニュメントバレーの朝日が、
世界で一番美しいかもしれないと、僕は思うよ」。

モニュメントバレーを訪れる時、
アメリカ中を旅して、世界も旅してきたトレックのリーダーが、
トミーに話してくれたこの言葉を思い出す。

***
その朝日が昇る前の、夜の闇から朝へ変わる時。
空の色は、藍色というのだろうか、
なんともいえない濃い青色になる。
そして、少しずつ地平線に広がる橙色。

夜明け前の空の色が好き。
静かに空を見ている時間が好き。

b0020843_18214643.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2007-10-19 18:23 | グランドサークル2007

旅とカメラ

以前、カメラとビデオカメラを持って旅したことがあった。
自分の肉眼をあわせて、3種類で見なければならない忙しさで、
カメラすら持つのをやめた時期があった。

写真を撮るのは好きだから、
今は、旅に出るときにはカメラを持っていく。

二日目のトレッキングの途中、突然カメラが壊れた。
それからは、今回の仲間に撮影はまかせて、久しぶりのカメラなしの旅を決意。
(けっきょく、携帯で何枚も撮っていたけれど・・・)

カメラを持たないと、
全ての時間を、
自分の目と、耳と、肌で、感じることができる。

モニュメントバレーの夜明けも、
グランドキャニオンの夕日も、
オレンジ色に輝く仲間の顔も、
ひんやりとした空気感も、
崖の上のスリリングな感覚も、
鮮明に思い出すことができる。

旅とカメラ。
美しいと思う風景は残したいという思いはあるから、
みんなのいい顔を撮りたいを思うから、
これからもカメラは持っていくのだけれど、
時には、カメラを手放して旅をするのもいい。
[PR]
by naoki_7979 | 2007-10-17 13:46 | グランドサークル2007

チームJUMP!

JUMP! JUMP! JUMP!

真っ青な広い空の下で、
その空に向かって、
体を動かしたくなる衝動に駆られる。

跳んで、跳んで、跳んで・・・
アメリカにいる喜びを全身を使って表現していた。

そして、
驚いたときにその驚きの声をあげること、
美しいものを見たときに美しいといえること、
すごいものを見たときにすごいと叫ぶこと、
自分の感じたことを素直に表現できるメンバーたち。

時に、無口になることもあるけれど、
その表情を見れば、何も語らなくてもわかる。

小さなアクシデントはあったけど、
お互いに助け合える仲間の存在。
笑って前向きにとらえることができる深さ。
その一員として参加できたことをうれしく思う。

楽しい旅だった。
[PR]
by naoki_7979 | 2007-10-17 13:28 | グランドサークル2007

火を囲む

b0020843_21512296.jpg
寒さが、火の暖かさを教えてくれる。
火を囲んでいると、人は心を開く。
そんな気がする。
炎のゆらめきが、心を和ませてくれるのか・・・

10月のグランドキャニオンの夜、
シュラフにもぐりこむ寸前まで、焚き火から離れずにいるんだろうなー。
[PR]
by naoki_7979 | 2007-08-15 21:52 | グランドサークル2007

グランドキャニオンを谷底から見上げる

2年前、探検隊のスタッフになって初めての旅が、
「グランドキャニオンを谷底から見上げる」。
アクシデントを含め、いろんなめぐり合わせが重なって行くことになった。
今思えば、あのタイミングで行けたことが、すごくよかったと思う。
旅に行くきっかけって、ほんの些細なことなのかもしれない。
たとえば、ずーっと前からの夢だったといっても、
その夢を持つきっかけは、誰かの一言だったり、テレビの1シーンだったり。
ただ、その一言が、その1シーンが、その旅が、人生を変えることもある。

一昨年の8月。
初めて訪れたグランドキャニオンの壮大さに圧倒された。
ただただ、唖然としていたのを覚えている。
写真で、映像で見ていたからって、
実際に見てみなきゃ、行かなきゃわからない感覚ってこのことだと思った。
もちろん、その瞬間は言葉が出ないし、考える余裕もなかった。

昨年は9月。
二度目のグランドキャニオンは、初めて空から眺めた。
この旅をきっかけに新たな出発を決意していた仲間の一人が涙ぐんでいたのを覚えている。

今年は10月。
あの場所を何度も訪れることができること、
季節をかえて訪れることができることを嬉しく思う。
朝夕がかなり冷えこむらしい。
寒い分、焚き火がありがたい。
焚き火を囲んで過ごす夜の雰囲気がいい。

2ヶ月後、どんな仲間と、あの場所を旅しているのだろうか。
まだ見ぬ旅仲間に思いを馳せて、
秋のグランドキャニオンに思いを馳せて・・・
[PR]
by naoki_7979 | 2007-08-09 21:14 | グランドサークル2007