カテゴリ:NZ( 50 )

アクティビティ三昧 in NZ

b0020843_1921037.jpg
マウンテンバイク&サイクリング (クイーンズタウン、アロータウン)

b0020843_19205957.jpg
ジェットボード&バンジージャンプ (クィーンズタウン)

b0020843_19205929.jpg
トレッキング (マウントクック&テカポ)

b0020843_1921031.jpg
ワイナリー巡り (クィーンズタウン周辺)
[PR]
by naoki_7979 | 2012-06-25 19:25 | NZ

4時間57分51秒

b0020843_17573077.jpg
GWのニュージーランドの大人の修学旅行の直前ということもあり、
3月に急遽参加を決めたルートバーンクラシック。
通常は、2泊3日で歩く32Kmの人気のトレッキングコースを駆け抜ける。
当日は快晴。前日の雨、翌日の雪の合間を縫ったかのような1日。
なかなかハードなコースだったけれど、
あの景色の中を走ることができたのは、すごく幸せな時間だった。
目標の5時間をきることができたのも、3月から4月にかけての皇居ランのおかげ。
つきあってくれたよーこにも感謝。つぎはよーこの番です。

b0020843_17573389.jpg
b0020843_17573284.jpg
b0020843_175730100.jpg
b0020843_17573290.jpg
b0020843_17573076.jpg
b0020843_17573171.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2012-05-10 18:02 | NZ

失ってしまう前に

昨日2/22で、クライストチャーチの地震から一年。
このタイミングでリアルニュージーランドのFujiさんが来てくれるのも、
何か意味があるような気がする。
Fujiさんは、いっしょに旅を作るパートナーとしてだけでなく、
一人の人間として、大きな魅力を感じる。

***
Don't take it for granted.
We don't know how lucky we are.

私の住むニュージーランドで、人々の間でよく口にされる言葉です。

今、手にしているもの、その場所にいるということ。
それを当り前のことだと思わないで欲しい。
自分たちがどれだけ恵まれているか。
そのことをたまには考えていきたい。

ニュージーランドのことを、単なる田舎だと言う人はいるけれど。
でも、 こんな田舎でも、こうして幸せに生きていくことができる。
感謝しなくちゃね。
そういう意図で話されることが多いようです。

2月22日のクライストチャーチ震災、そして3月11日の東日本の大震災、そして津波被害。
直接的に震災に遭われた方々、そしてボランティア、支援等で現地復興に関わっていらっしゃる方々。
人々のいろんな思いの中で、「現在手にしているもの」がどれだけ大事なものなのか。
きっと、身を持って感じていらっしゃることと思います。

FujiさんのBlog 「My Life, My Real Adventures」
「Don't take it for granted - 失ってしまう前に」より抜粋
[PR]
by naoki_7979 | 2012-02-23 14:26 | NZ

ニュージーランドの二人

b0020843_14425061.jpg
なぜニュージーランドに惹かれるのか。
あの空気感が好きなんだと思う。
街を歩いても、自然の中に身を置いてもいい。
なぜかフィットする感覚がある。

そして、その土地に好きな人がいると、その魅力は大きく膨らむ。
リアルニュージーランドのFujiさん、マルちゃんとの出会いは、
僕がニュージーランドをさらに好きにした大きな要因。

3月のニュージーランドの旅は、マルちゃんがナビゲートしてくれる。
3月の旅のアクティビティは、トレッキング、マウンテンバイク、サーフィン。
どれも彼の大好きなアウトドアスポーツ。
好きなことをやっているから、いっしょにいてもすごく楽しい。
身体を動かして、夜は、毎日ワインを飲んで盛り上がる。
マルちゃんとは、何度も国内外を旅した。
彼の存在が、旅を魅力を大きくする。

Fujiさんは、一時帰国の度に、ニュージーランドの魅力を語ってくれる。
力強い語り口で語るFujiさんは、聞く人を引きこむ圧倒的な存在感がある。
2月、Fujiさんのニュージーランドの夕べが決まった。
ニュージーランドワインを飲みながら、聞きたいと思う。
[PR]
by naoki_7979 | 2012-01-30 14:46 | NZ

冬の大脱走セール

お、オークランド往復55000円~
3月のツアーが催行決定していないのがもどかしい・・・

b0020843_12144011.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2012-01-27 11:56 | NZ

本気のハカ

トレッキング、マウンテンバイク、サーフィンと、
アウトドアアクティビティ満載のニュージーランドの旅だけど、
マオリの文化「ハカ」を学ぶ機会がある。
マオリの人に言葉の意味を教えてもらい、
顔にペインティングして、本気になって、声をあげる。
”本気”でやるから楽しい。

b0020843_11154443.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2012-01-27 11:19 | NZ

ニュージーランド

ラグビーワールドカップ、ニュージーランド優勝おめでとう!

昨日、リアルニュージーランドのFujiさんから届いたメール。
***
今日は、ラグビーワールドカップの決勝戦。
国全体が、緊張している感じ。ひっそりとしています。
***

優勝が決まって、今度は国中が大騒ぎしているんだろうなー。
ラグビーをやっていた、Fujiさん、マルちゃんも盛り上がっているはず。

ニュージーランドねたでもうひとつ。
年末年始の「大人の修学旅行」の催行が決定。
昨年、企画したけれど催行できなかったトレッキングをカナディアンカヌーの旅。
アウトドア満載の旅には、新スタッフのよーこが同行。
初の海外同行で、2011年を締めくくってほしい。
[PR]
by naoki_7979 | 2011-10-24 16:29 | NZ

今できること

GWの「ニュージーランド南島:トレッキング&キャンプ」の催行を決定した。
最終的な判断となったのは、
ニュージーランドから一時帰国中のFujiと、直接話しができたこと。
Fujiと話をする前、探検隊の中では、催行することはほぼ決まっていた。

「1人でも2人でも来ていただける人がいるなら、人数に関わらず、やりましょう。
 それがクライストチャーチ、ニュージーランドの復興につながるはずだから。」

2年前、Fujiとマルちゃんに、隊長と二人で初めて会ったときの感覚を思い出した。

現時点での、催行決定判断に否定的な意見もあるかもしれない。
だけど、今、ニュージーランドの旅を提供している地球探検隊がやることは、
自粛ではなく、行くこと。
ただ、無闇に行くのではない。

催行を決定するにあたり、スケジュールも若干変更した。
クライストチャーチの市街地には泊まらず、クライストチャーチ郊外に宿に変更。
空港から宿までの送迎は、リアルニュージーランドが行う。
参加者の不安を少しでも取り除けるよう、
Fuji、マルちゃんと臨機応変に対応していきたいと思う。

マルちゃんは、報道機関からの要請でクライストチャーチ入りしている。
惨状を目の当たりにして、心を痛め、思うことはあるはず。
そんなマルちゃんが、この旅をナビゲートしてくれる。

今日明日には、中村隊長からのメッセージをメルマガで送る予定。
彼の言葉で、探検隊の思いがたくさんの人に伝わりますように。
[PR]
by naoki_7979 | 2011-02-28 15:40 | NZ

祈り

ニュージーランドで初めて訪れた街がクライストチャーチだった。
ちょうど桜が咲き、新緑がまぶしく、町並みも美しい街だった。

その街を襲った昨日の地震。
大聖堂をはじめとした古い建築物が崩れ、
多数の死者、負傷者が出ている様子を、
TVやネットで見て心が痛む。
リアルニュージーランドのマルちゃんも
ネルソンからクライストチャーチに応援に向かうとのこと。

遠く離れた日本では、現時点では祈ることだけしかできない。
クライストチャーチのために祈ろう。

b0020843_14161853.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2011-02-23 14:16 | NZ

本気の遊びは、面白い

エイベルタズマンコースタルクラシックスの途中でカメラを落としたため、
写真がなかった、「ニュージーランド:毎日がアドベンチャーin北島」
先日、参加メンバーのスコッチ先輩が、写真を焼いたDVDを届けてくれた。
毎日、七変化のように衣替えをするアクティブな旅だった。
もうすぐ、1ヶ月が経つのかー、蘇るなあ~。

b0020843_16502462.jpg
b0020843_16502544.jpg
b0020843_16502538.jpg
b0020843_16502646.jpg
b0020843_16502633.jpg
b0020843_16502747.jpg
集合のオークランドは、シティ・オブ・セイルと呼ばれる港町。
これは、セイリングしなきゃってことで、オプションでディナーつきのセイリング。
ワインで乾杯して、優雅に「毎日がアドベンチャー」がスタート。

2日目午後、3日目午前は、サーフィン。
僕を含めてサーフィン初体験メンバーで、海の水は冷たかったけど
時間を忘れて、波と格闘し、2日目には、全員がボードに立つことができた。
サーフィンって楽しい!

3日目午後は、マオリ色が濃い、ロトルアへ移動し、HAKAを学ぶ。
マオリの心を学び、顔にペイントして、衣装を着て、叫び、踊る。

4日目午前は、マウンテンバイク。
ロトルアのマウンテンバイクは世界的にも有名な場所。
朝まで降っていた雨の影響で、トレイルの状況はよくなかったけど、
気持ちのいい森の中を、泥にまみれて疾走する。

4日目午後のタウポ湖では、オプションでバンジージャンプ。
僕はカメラマンに徹することを心に近い、みんなを見届けていた。
いさぎよく飛ぶ人、ためらう人、叫び声・・・
何はともあれ、勇気に拍手。

5日目、終日トンガリロクロッシングの予定を風が強く、ショートトレックに変更。
途中、吹雪にもなり、黙々と歩く。
初の雪山トレッキングは、かなり厳しい環境だったかも。
初心者には、経験者がさりげなくサポートしているシーンも・・・。

6日目、最後のアクティビティは、洞窟探検「ブラックウォーターラフティング」。
タイヤのチューブに乗って、洞窟の中を流れている川を下る。
静かな流れでの時、真っ暗の中、明かりを消すと、天井には、夜光虫が光っていた。
暗所が苦手なスコッチ先輩は、いつもと違って寡黙だった。

b0020843_1650273.jpg
メンバーが「楽ではなかったけど、楽しかった」と言っていた。
毎日が新しいことの連続で、そのすべてに、本気でチャレンジする旅だったと思う。
「本気の遊びは、面白い」
それを実感する旅だった。
[PR]
by naoki_7979 | 2010-10-18 16:55 | NZ