カテゴリ:グランドサークル( 32 )

衝撃

b0020843_15434780.jpg
b0020843_154457.jpg
b0020843_15441291.jpg
b0020843_15543773.jpg
リーダーを先頭に目をつぶって、グランドキャニオンの崖っぷちまで歩く。
目を開けると広がる風景に驚愕!そして歓声をあげる。
2005年、初めて訪れたとき、同じことを体験した。
何度見ても、グランドキャニオンには圧倒されるが、
初めて見たときは衝撃は忘れられない。
たぶん、僕も、同じ顔をしていたんだと思う。

b0020843_15493887.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2010-06-17 15:50 | グランドサークル

瞑想

b0020843_1985886.jpg
遠くにモニュメントバレーを望むスポットで、
思い思いのスタイルで瞑想タイム。

風が気持ちいい。
[PR]
by naoki_7979 | 2010-05-28 19:09 | グランドサークル

アーチズN.P.

b0020843_18233556.jpg
アーチズ国立公園&モアブは、
今回のグランドサークルの旅で、個人的に一番楽しみにしていた場所。
夕日に輝くデリケートアーチ、誰もいないスポットで見る朝日、アーチの上の仲間達・・・

b0020843_1819182.jpg
そして、アウトドアアクティビティが盛んな土地でのマウンテンバイク。
日本の森の中を走るのとは違う楽しさを感じた。

b0020843_18232340.jpg
モアブの街も、もう少しゆっくり見たかった。
あっという間に過ぎた二日間。
[PR]
by naoki_7979 | 2010-05-24 18:23 | グランドサークル

雪化粧

b0020843_21304219.jpg
ブライスキャニオンN.P.に向かう途中は、吹雪。
ブライスは青空、残雪あり。
ちょっと得した気分。
[PR]
by naoki_7979 | 2010-05-18 21:33 | グランドサークル

雪化粧

b0020843_214327.jpg
ザイオン2泊目の朝、ロッジのドアを開けると、一面の雪化粧。
思いがけないGift。
[PR]
by naoki_7979 | 2010-05-11 21:04 | グランドサークル

ザイオンN.P.

b0020843_20571772.jpg
ザイオンN.P.での2日間は、
エメレルドプールとエンジェルスランディングへのトレッキングと、乗馬。
途中、赤い壁を登っている人がいたなあ。

b0020843_20573793.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2010-05-11 20:57 | グランドサークル

旅の余韻

朝、4時半に目覚め、夕方、無性に眠くなる。
まだ、体はアメリカタイム・・・

やっぱり、
アメリカ西部って、いいなあ。
グランドサークルって、いいなあ。
トレックアメリカって、いいなあ。
旅って、いいなあ
そう思った11日間。

リーダーのマイクと、
縁あっていっしょに旅をしたみんなに感謝。

b0020843_20463082.jpgb0020843_2111690.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2010-05-11 20:42 | グランドサークル

グランドキャニオンへの想い

初めてグランドキャニオンを見た時の衝撃は、今でも鮮明な記憶として残っている。
リーダーの引率で、目を瞑って渓谷の手前まで行き目を開いた。
駐車場からほんの数分で、目の前の景色が一変、言葉を失うほどの瞬間。
日本では見ることのない、壮大な風景がそこには広がっていた。
翌日、自分の足で歩たことで、その大きさに圧倒されていたグランドキャニオンに、地球に、
ちょっとだけ近づいたような気がした。
どんなに言葉で聞いても、映像で見ても、あの温度、湿度、空気を感じることはできない。
だから、どんなにメディアが発達しても、人は旅に出るのだと思う。

昨年9月にグランドサークルを旅した仲間が書いた帰国後の感想。
僕は、こんな風に感じてくれた仲間に出会えたことをすごく嬉しく思う。

 「この旅で感じたことは、
  この先の自分の人生の中の価値観のひとつとして
  きちんとのこっていくんやろうなっていう確信がある。
 
  人間の力の及ばない美しいものがこの世界にはあって、
  それに包まれるように静かに時間を過ごすことが出来る。
  その中で、いい仲間に出会い、語り、笑うことができる。

  自分の見える範囲でいっぱいいっぱいになっていたけど、
  ちっぽけな自分の外に広がっているものの大きさや豊かさを
  感じることの出来た旅でした。」

約1ヵ月後、新たな仲間と、グランドサークルを旅することを心から楽しみにしている。
秋の深まるグランドキャニオンをいっしょに歩いて、
焚き火を囲んでお酒を飲む同志の、最終募集。

「グランドキャニオンを谷底から見上げる」
~ アメリカ西部国立公園 キャンプで旅する2000キロ ~


地球探検隊メルマガ139号のメッセージ初稿~

b0020843_14221031.jpg
[PR]
by naoki_7979 | 2007-09-04 14:11 | グランドサークル

GIFT

グランドサークルの写真展を見に行った時、
お話させてもらった大高明さんは「GIFT」って言葉を使った。
たしか、夕日が有名なその場所に、朝日はどうなんだろうって出かけた彼は、
思いがけない風景に出会い、シャッターを切った・・・・ 「GIFT」だって。

同じことを思うことがある。
一生のうちで一回しか訪れないかもしれない場所で出会う風景。
写真で見たことがあっても、人から何回から聞かされたことでも、
天気だって約束できないその場所で、そのたった一瞬に出会うこと。

悠久の時の流れの中で繰り返されていることだけど、
その一瞬に出会うことで、自分もこの一部なんだって思う。
人間の一生は、星の一生に比べたらほんの僅かな時間だけど、
確かにここにいて、間違いなくこの時間を紡いでいる。

b0020843_171839.jpg
9月、ふたたびこの地を訪れる。
[PR]
by naoki_7979 | 2006-08-09 01:08 | グランドサークル

7/1はグランドサークルの話を聞く日

昨年夏にグランドサークルを旅した仲間と話す「参加隊員が語る大人の修学旅行」。
「こんなイベントやってみたいんだけど・・・」と相談したら、手を挙げてくれた3人。
ザイオン国立公園のナローズウォークを街履きのサンダルで歩いたツワモノ、キャサリン、
断崖絶壁のエンジェルス・ランディングでぴょんぴょん飛び跳ねてた、かずえっち、
そして、車の中でもノリノリで毎日を楽しんでいた感動屋のまみっこ、
この元気な3人娘(?)と、ちょっとだけ応援に行けるかも~というすぎちゃんと、
一年前のグランドサークルの旅を振りかえる。
帰国してから何度も会っている仲間だが、あらためて話を聞くのが楽しみ。
これから、この旅に参加するたくさんの人の人に聞いて欲しいと思う。
大好きな、Team IKUJOEの仲間の話を。

>>7/1(土)15:00~17:00 「参加隊員が語る大人の修学旅行」

b0020843_18542462.jpg
↑真夏の楽しみ、ナローズ↑
[PR]
by naoki_7979 | 2006-06-27 11:49 | グランドサークル