最終日の夜

b0020843_2341984.jpgクライストチャーチに戻ると、
Alexは19:00の飛行機で帰国するという。
空港での別れはあっけなく
「じゃあ、またね」ってハグして別れた。

引き続き北島をまわる彼らと、
この日で終わる僕は別の宿だったけど、
外食だった彼らと一緒に食事をすることに。

10日間、いっしょに旅をした彼らと最後の晩餐。
食事をしながら、ビールを飲みながら、
今日で最後なんだなあって思いながら、
ぼんやりと彼らの顔を眺めてた。
途中、日本から持っていった折鶴をプレゼントすると、
「つくり方を教えて」と即席の折り紙教室が始まった。
みんな、あまりうまく作ることはできなかったけど、
Anitaが「足がよくなるように」って、自分の作った折鶴をプレゼントしてくれた。

彼らの宿に戻ってみんなとの別れの時。
John&Lisaは、おやすみとゴハンを食べる仕草をしながら、
「イギリスの来たら食事も宿泊も心配しないでいいよ」って言ってくれた。
そして、みんなとハグして笑顔で別れた。
メールするねっていったけど、まだ送ってない・・・
そろそろ送らなきゃ。
[PR]
by naoki_7979 | 2006-11-08 23:09 | NZ
<< プロフェッショナル South Island Ad... >>