言葉が通じなくても

いつもみんなの中心にいたJohnと&Lisa夫妻。
明るくておちゃめで、よく動き、よく飲む。
さりげない気遣いもあって、いつも優しく声をかけてくれていた。

10日間のツアーが終わり、クライストチャーチでの最後の食事。
みんなの横顔をながめていたら、Lisaが「辞書持ってるよね、貸して」って言ってきた。
そして、選んだ言葉がこれ。

 you
 generous
 thought transference

嬉しくて涙が出そうになった。
でも、みんな笑顔だったから、僕も笑顔で返した。
そして、またいつもの食事の風景に戻った。
[PR]
by naoki_7979 | 2006-10-26 06:36 | NZ
<< 毛糸にまみれている人 答えは風の中 >>