珍客

MinaBettyが「ウォー!」と叫んで同時に飛びはねた。
3cm、いや5cmはあるだろうか、"スズメバチ"がオフィスに入ってきた。

「どおしよう・・・」
「殺虫剤でいけるかな・・・」
「防護服みたいなのがあれば、いいんだけど・・・」

としあえず窓をあけてオフィスの外へ避難。
そんな中、隊長は雑誌をまるめて恐る恐る近づく。
「あおらない方がいいですよ・・・」

「警察じゃないし、消防署は?消防署、すぐ近くだから相談に行ってきます!」
Bettyの自転車を借りて消防署へ。
ひとしきり説明をしたら、無線でなんやら暗号みたいな番号を伝えていた。
「すぐに行きますから、ビルの前で待っててください。」とのこと。

オフィスに戻り、待つこと5分?10分?
サイレンの音とともに消防車が到着。

b0020843_217033.jpg

中から3人もの消防隊員が現れ、オフィスの中へ。
手にしていたのは有名な殺虫剤。
素手でほんの数10cmくらいのところまで手をのばし、シューッ!
落ちてきたところを箒でたたいたところで無線連絡。
「えー、スズメバチ一匹退治!」

b0020843_2171573.jpgb0020843_217307.jpg

スズメバチは消防署で退治してくれる、ということを学びました。
あー、マジで怖かった・・・・
[PR]
by naoki_7979 | 2005-09-26 21:06 | 地球探検隊
<< 大人の給食会 秋のアラスカ!冬のアラスカ! >>