失ってしまう前に

昨日2/22で、クライストチャーチの地震から一年。
このタイミングでリアルニュージーランドのFujiさんが来てくれるのも、
何か意味があるような気がする。
Fujiさんは、いっしょに旅を作るパートナーとしてだけでなく、
一人の人間として、大きな魅力を感じる。

***
Don't take it for granted.
We don't know how lucky we are.

私の住むニュージーランドで、人々の間でよく口にされる言葉です。

今、手にしているもの、その場所にいるということ。
それを当り前のことだと思わないで欲しい。
自分たちがどれだけ恵まれているか。
そのことをたまには考えていきたい。

ニュージーランドのことを、単なる田舎だと言う人はいるけれど。
でも、 こんな田舎でも、こうして幸せに生きていくことができる。
感謝しなくちゃね。
そういう意図で話されることが多いようです。

2月22日のクライストチャーチ震災、そして3月11日の東日本の大震災、そして津波被害。
直接的に震災に遭われた方々、そしてボランティア、支援等で現地復興に関わっていらっしゃる方々。
人々のいろんな思いの中で、「現在手にしているもの」がどれだけ大事なものなのか。
きっと、身を持って感じていらっしゃることと思います。

FujiさんのBlog 「My Life, My Real Adventures」
「Don't take it for granted - 失ってしまう前に」より抜粋
[PR]
by naoki_7979 | 2012-02-23 14:26 | NZ
<< 16周年パーティー コスタリカ=豊かな(Rica)... >>