思い出は胸の中に

10/1の報告会に向けて、、スタート前から動画も交えながら、写真を撮っていた。
受付、ボートでの移動、荷物チェック、スタートの様子、森の中ラン、海岸ラン・・・

途中、大きな吊橋があった。
5人までの制限があり、前に4人いたから僕が5人目。
「この吊橋の写真も撮ろう」
そう思い、カメラを取り出して、1枚撮ったところで、吊橋が大きく揺れた。
その時、手に持っていたカメラが、落ちた。
橋の上でバウンドして、30メートルはあるだろう、川に落ちた。
落ちていくカメラが、スローモーションのように、見えた。
それから、しばらくは、気落ちして走ることになった・・・

ゴールした後に、見知らぬ外国人に声をかけられた。
たぶん、こんなことを言っていた。

「お前、カメラ落としただろ」
そして、胸に手をあてて、
「でも、いい思い出はここにあるだろ」って。
[PR]
by naoki_7979 | 2010-09-27 20:34 | NZ
<< from NZ 4時間22分25秒 >>