4時間22分25秒

「エイベルタズマンコースタルクラシック」への初挑戦の公式記録
これが速いとか遅いとかではなく、走りきったことが嬉しい。

朝、エントリーに行き、ゼッケンをもらい、ボートでスタート地点へ向かう。
緊張はしなかったけど、気持ちは高揚してくる。
スタート直前、雨があがった。
レース途中、太陽が出たときの森の中での木漏れ日、
垣間見える、金色の砂浜、青い海は、美しかった。
砂浜では波の音を聞きながら走る。

第3チェックポイントまでは、いい調子だったと思う。
最後の10キロがきつかった。
何度も歩きかけて、それでも走ろうと奮起して・・・、
ほとんど、歩いているのと変わらないくらいのスピードだった気がする。

ゴールした時、リアルニュージーランドの優子さんを見つけた。
思わず抱きついた。
ゴールの瞬間、誰かがいてくれるって、すごく嬉しい。

その後、いっしょに参加したmomo、くろちゃんを待った。
ゴールで待っていて、二人の姿を見つけた時は背筋がぞくぞくした。
二人のゴールは対照的。
放心状態で涙を流すmomoと、笑顔のくろちゃん。

どんなに時間がかかっても、
36キロを走る経験は、みんな同じなんだと思う。
トップの選手も、最後の選手も同じ道を走る。
だから、走りきった後に、思いを共有できる。

このチャレンジで、僕たち3人の背中を押し続けてくれたマルちゃんと、
優しい笑顔で、ネルソンで迎えてくれたFujiさんと優子さん。
本当にありがとうございました。
[PR]
by naoki_7979 | 2010-09-27 20:14 | NZ
<< 思い出は胸の中に 1ヶ月前 >>