NZな日々

オールブラックスの選手達が試合前に行うマオリ族の踊り「ハカ」。
「ハカ」なんて知らなかった子供の頃にテレビで見た、
真っ黒なユニフォームで「ハカ」を踊る選手達に強さとかっこよさを感じたのを覚えている。
そう思うと、ラグビーをいう競技を見るようになったきっかけのひとつは、
オールブラックスの「ハカ」かもしれない。
それは同時に、ニュージーランドという国を知るきっかけでもあった。

10月31日、東京交流会と同じ日に、NZ代表オールブラックスと
オーストラリア代表ワラビーズの試合「ブレディスローカップ」がある。
それにあわせた時期に東京タワーの下に巨大なラグビーボールが登場。
NZのイベントが開催される。

そんな中、ブレディスローカップ当日だから無理だろうと思っていた、
リアルNZの藤井さんが東京交流会の参加、NZの話をしてくれることが決まった。
一昨日、これらのイベントにはまったく関係ないが、
NZのクイーンズタウンに住んでいる隊員から国際電話があった。
そして、昨日、思いがけずにニュージーランド政府観光局の方と飲む機会に恵まれた。
一昨日の深夜に飲んでいた友人が仲がよくて、
翌日飲むことになっているという席に混ぜてもらい、
NZのイベントの裏話やら、NZの話やら、
または、たわいのない話やらで、楽しい時間を過ごした。
先週、問い合わせの電話で話しをしたばかりの方だった。
人と人の出会いの不思議さと、縁を感じる。

そわそわしてきた「夏のニュージーランド 毎日がアドベンチャー」
風が吹いてきたような気がするんだ。
[PR]
by naoki_7979 | 2009-10-22 19:29 | NZ
<< 金色の砂浜 ギガリン >>